宮崎敏郎が結婚した嫁と子供の存在が気になる!プーさんとの関係は?高校・大学・セガサミー時代に迫る!

中学卒業後、県立厳木高校に入学した宮崎敏郎選手は、主に投手として高校2年生の頃からチームの主力として活躍していました。

高校2年時には球速が141km/hと、高校生の中でも速い球を投げていた宮崎敏郎選手。

 

 

タマ
現在(いま)では打者としての印象しかない宮崎敏郎選手も、高校時代は投手で異才を放っていたニャー!学生時代から努力と才能が混合していたニャン!

 

また、打撃に関しても高校通算24本塁打と、当時から打撃センスもよく、二刀流として活躍していたことがわかります。

高校3年最後の夏は県大会2回戦で敗れ、残念ながら甲子園出場は叶いませんでしたが、投打で存在感を見せていたことは間違いありませんね!

 

高校卒業後、日本文理大学に進学した宮崎敏郎選手ですが、先輩にすごい投手がいたので投手を諦めて野手1本で勝負することになりました。

大学1年の秋でレギュラーを掴むと、その後はMVP3回、首位打者2回、ベストナイン3回を獲得するほど大活躍でした!

 

 

タマ
大学4年生では主将を務め、打率は脅威の6割超えといった成績を残したニャー!他の選手と比べても頭一つ図抜けていたニャン!

 

しかし、それだけの成績を残してもプロ野球選手にはなれなかった(ドラフトにかからなかった)のですが、セガサミーに入社して1年目から主に『3番三塁手』としてフル稼働でチームの主力を担っていました。

成績は打率.321、チーム最多となる27安打といった好成績を残し、チームの勝利に大きく貢献しました!

また、都市対抗野球予選では打率4割超えで大会MVPを獲得した宮崎敏郎選手は、プロ入り準備はまさに万端といった感じだったでしょうね。

 

アマチュア時代から打撃センスは抜群だったことがわかりましたが、難点でいったら守備があまり得意ではなく、プロ入り後も相当苦労したそうですね。

今ではゴールデングラブ賞を撮るほどの選手になったので、血の滲むような努力をされたのでしょう!

 

 

タマ
決して才能が全ての選手ではなかったけども、コツコツと努力を積み重ねたからこそ現在(いま)の宮崎敏郎選手がいるんだニャー!努力は決して裏切らないニャン!

 

ということで、宮崎敏郎選手の高校・大学・セガサミー時代を調査してみました。
今後も、高校・大学・セガサミー時代に関する情報がわかり次第追記していきたいと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は、宮崎敏郎選手の結婚情報や子供の存在、ハマのプーさんの理由、プロ入り前のエピソードについて解説しました。

 

何とか宮崎敏郎選手の活躍で1998年以来のリーグ優勝、そして日本一に貢献できるよう、これからも持ち前の打撃センスを活かして頑張ってほしいですね!

 

 

今後も、宮崎敏郎選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪