柴田竜拓が結婚した幼馴染の嫁と子供の存在が気になる!愛用グローブと守備も必見!

柴田竜拓選手は1993年12月16日生まれの30歳(2024/05/23時点)で、岡山県岡山市東区出身。

岡山理科大学附属高校から國學院大学を経て、2015年にドラフト3位で横浜DeNAベイスターズに入団し、背番号は〝31〟です。

 

タマ
この記事では、柴田竜拓選手が結婚した幼馴染の嫁と子供の存在について。そして、愛用グローブと守備のことも書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

柴田竜拓が結婚した幼馴染の嫁と子供の存在が気になる!

横浜DeNAベイスターズの二遊間(主にセカンド)を任されており、打撃でも肝心な場面でしっかり結果を残している柴田竜拓選手。

間違いなくチームに必要不可欠な存在ですね!

 

 

タマ
ホークスの絶対的エース・千賀滉大投手から打ったホームランは見事の一言だニャン!チームを活気づける素晴らしい一撃だニャー!

 

そんな柴田竜拓選手ですが、爽やかな笑顔とハンサムな顔立ちから老若男女問わず、特に女性人気が高い選手で有名です。

しかし、実はすでに結婚しており、結婚していたことが発覚したのは2017年11月30日のことでした。

結婚していたことが発覚した時は、多くの女性ファンが悲しんだのではないでしょうか。

容易に想像ができましたね。

 

結婚がわかるまで誰とも熱愛報道がなく、独身だと思われていた柴田竜拓選手は、2017年の9月に当時21歳だった女性と結婚することに。

 

DeNA柴田が結婚!同郷岡山の一般女性と9年愛

プロ2年目のDeNA柴田竜拓内野手(23)が結婚したことが29日、分かった。お相手は同じ岡山県出身の一般女性(21)で、今夏婚姻届を提出した。

引用元:日刊スポーツ

 

気になる結婚相手ですが、柴田竜拓選手と同じ中学校の方だそうで、柴田竜拓選手が中学3年生の頃に中学1年生だった今の嫁さんと交際し、約9年間の交際を経てゴールイン(結婚)となりました。

 

 

タマ
一途過ぎるほど純愛だニャー!柴田竜拓選手と嫁さんは、現在(いま)でもアツアツラブラブの結婚生活を送っているそうだニャン!

 

また、結婚した嫁さんは栄養学を勉強して料理に力を入れ、柴田竜拓選手を全面的にサポートしています。

最高の嫁さんですね!

 

そんな、嫁さんとの子供ですが、2018年6月4日に待ちわびた第一子となる男の子が誕生しました。

子供に対して凄くデレデレ状態が続いたそうです。(現在(いま)もでしょうけど)

愛する子供が2歳頃にグローブを購入してあげたりして、とてつもない我が子への愛と期待が伝わってきますね。

 

 

タマ
家族が増えて責任感がより強くなった柴田竜拓選手だけど、さらに野球で飛躍できるように頑張ってほしいニャー!中学から交際を続けた末に結婚までに至った幼馴染の嫁、そして子供をガッチリ全力で守れるよう奮闘を願うニャン!

 

今後も、柴田竜拓選手が結婚した嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

子供の成長が凄く楽しみですね!

柴田竜拓の愛用グローブメーカーが知りたい!

憧れやお手本にしているプロ野球選手と同じモデルにグローブメーカー、野球用品を使用している野球人は多く存在していることでしょう!

実例でいうと、イチローさんに憧れて野球を始めた人は沢山いますからね。

 

 

 

タマ
イチローさんは野球人としても、人間性でも憧れるニャー!イチローさんの考え方・姿勢は本当に勉強になるニャン!

 

そんなこんなで、柴田竜拓選手が愛用しているグローブを調査してみたところ、「ミズノ」のメーカーを愛用していることがわかりました。

ミズノのグローブを使用しているプロ野球選手は非常に多く、イチローさんや坂本勇人選手も使用していますね。

 

ミズノが良いところは、品質が良いところと種類が豊富という点です。

品質が良いので使用しやすく、使い方次第では長持ちしやすいし、内野手用だけで20種類はあるでしょう!

そういったことから、柴田竜拓選手もミズノのグローブメーカーを愛用しているのだと思います。

 

 

タマ
ミズノのグローブメーカーを使用している人はプロ野球選手だけでなく、多くの高校球児やアマチュア選手も愛用しているニャン!ミズノメーカーはグローブ業界のキングだニャー!

 

ということで、柴田竜拓選手はミズノのグローブメーカーを愛用していることがわかりました。
今後も、柴田竜拓選手のグローブに関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

柴田竜拓の華麗な守備に注目せよ!

柴田竜拓選手は非常に守備が上手いことでベイスターズファンだけでなく、多くのプロ野球ファンの間で有名ですね!

解説者からも絶賛されるほどの守備力を誇ります。

 

 

 

タマ
柴田竜拓選手の守備は華麗であり、巧みな技術が豊富に詰まっているニャー!その実力は源田壮亮選手(埼玉西武ライオンズ)、京田陽太選手(中日ドラゴンズ)、茂木栄五郎選手(楽天イーグルス)、吉川尚輝選手(巨人)といった各球団のレギュラー二遊間選手らからも参考にされているニャン!

 

特に、2020年の7月17日の巨人戦での守備でのこと、吉川尚輝選手が放った強烈な二塁ゴロをうまく捌いてダブルプレーを成立させたことがありました。

このシーンは、もし抜けていれば大量失点にもなりかねない大ピンチだったので、この守備によってチームの大ピンチを救う非常に大きなプレーとなったことは間違いないでしょう!

 

 

タマ
当日解説していた江本猛紀さんはこの守備について「これはめちゃくちゃうまかった」と絶賛していたニャー!数々の守備の名手たちを観てきたレジェンドでさえも認める守備の上手さだと理解できるニャン!

 

また、柴田竜拓選手は足も速いので、その俊足を生かした守備範囲も非常に魅力的です。

巧みなグラブ捌きと素早い動きといった、センスとポテンシャルを掛け合わせたような選手ですね!

 

 

タマ
守備範囲が広ければピッチャーも安心して投げられると思うニャン!安定した良い守備が続けば続くほど、守備間のチームの流れはめちゃくちゃ良くなり、つまるところ勝ちゲームが増えていくニャー!

 

今後も、柴田竜拓選手の守備に注目していきたいと思います。

最後に

打撃面は小柄な体格とはいえパンチ力も備えており、しっかりと振り抜くスタイルでクリーンヒットが多い柴田竜拓選手。

どんな非力な打者でも、バットを振り抜くことが非常に大事ですからね!

 

 

タマ
スイングをしっかりやりきれば、当たれば強い打球となって何かが起こる可能性があるニャー!中途半端なスイングが一番だめだニャン!さらに、選球眼も良く四球も選べるといったハイブリッド打者だニャー!

 

 

今後も、柴田竜拓選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。