森友哉の彼女&結婚情報!ヤンキーだった中学時代!天才と称された高校時代が凄すぎた!

森友哉捕手は1995年8月8日生まれの25歳(2020/09/26時点)で、大阪府堺市南区出身。

2013年にドラフト1位で埼玉西武ライオンズに入団し、背番号は『10』です。

 

この記事では、森友哉捕手の彼女と結婚情報のこと。そして、ヤンキーだった中学時代や天才と称された高校時代、さらに愛用グローブについても書いていきますので最後までお付き合い下さい。

天才・森友哉の結婚情報が気になる!

現在(いま)では埼玉西武ライオンズの正捕手で、豪快なフルスイングでホームランも量産できる森友哉捕手ですが、プレーだけでなく女性にモテる雰囲気も纏っている感じがしますし、ヤンチャなイケメンといった印象が強いですね!

天才プレーヤー&イケメン・森友哉捕手の彼女や結婚事情を調査していきたいと思います。

 

彼女と結婚事情を調査してましたが、現時点では彼女もいなければ結婚もしていないことがわかりました。

しかし森友哉捕手は、とある番組で「早く結婚したいです」と話していたので、あともう少ししたら彼女や結婚情報がメディアに流れるかもしれませんね。

もうすでに、結婚はまだでも彼女がいる可能性はあるかもしれませんが、森友哉捕手の嬉しい情報を首をゆっくりと待つことにしましょう!

 

ということで、今後も森友哉捕手の彼女&結婚情報に注目していき、情報が入り次第追記していきたいと思います。

ヤンキーだった中学時代の森友哉!

埼玉西武ライオンズの若き天才プレーヤー・森友哉捕手ですが、中学時代はヤンキーだったと有名ですね!

本人も「中学時代はヤンキーでしたね」と認めるくらいですから、事実で間違い無いでしょう。

 

5歳から『庭代台ビクトリー』で軟式野球を始め、中学時代は『堺ビッグボーイズ』に所属し、正捕手として中学3年の春の全国大会では準優勝を果たすなど、この頃から天才的な才能を爆発させていたことがわかりました。

森友哉捕手は幼い頃から父とマンツーマンで、動体視力を鍛えるトレーニングも積んできたそうで、確実にその成果も出ていたのでしょう!

 

しかし、中学時代の監督曰く「森(森友哉捕手)は真面目に練習に取り組まずに遊んでいた」と話しており、そのことは本人も「練習と遊びを両立させていた」と話しています。

中途半端な印象を受けるかもしれませんが、この取り組み方が非常に有効的なんですよね!

 

『堺ビッグボーイズ』の練習時間が平日17〜19時15分(週2参加自由)で、土日が8時30分〜14時までと練習時間があまり長くない方針のようで、この時間以外を自主練に使う子もいたそうですが、天才・森友哉捕手はしっかり遊んでいたとか。

おそらくヤンキー時代の森友哉捕手ですが、中学時代に少しだけ荒れていた時期があったみたいで、かなり気合の入った特攻服を着て遊んでいますね!

ヤンキーどころのレベルではない気がしますが、野球とヤンキー(遊び)を両立させる森友哉捕手は只者じゃないことが理解できます。

 

また、中学時代に所属していたチームの方針が〝将来を見据えてのびのび野球をする〟〝メリハリを持って野球をする〟だそうで、チームの代表曰く「練習ばかりでは選手がハッピーにならない。選手のその先まで考えて育成するならロボットのように練習ばかりさせてはダメ」と話しています。

そんな素晴らしい環境だったからこそ、中学時代ヤンキーだった森友哉捕手も、大好きな野球を辞めずに続けられたのだと思います。

やはり〝息抜きが大事〟だと言うことでしょうね!

 

ということで、中学時代の森友哉捕手はヤンキーでしたが、野球と両立させていたことがわかりました。

天才と称された森友哉の高校時代!

記事がよければ『いいね』をお願いします♪