釜元豪が結婚!ホームラン姿がイケメンと話題!高校や大学を調査!

その答えを知る為、今後の釜元豪選手の活躍に注目していきたいと思います。

 

私の持論になってしまいますが、釜元豪選手のホームラン姿がイケメンというよりは、柳田悠岐選手のように豪快でカッコイイのかなと思います。

イケメンかカッコイイか、どう感じるは自由ですからね。

釜元豪の出身高校が気になる!

 

釜元豪選手は、長崎県立西陵高校出身です。

 

甲子園出場常連校でもある、長崎日大高校からの誘いもあったみたいですが〝文武両道を貫く〟という目標を掲げて、西陵高校に進学したそうですね。

素晴らしい目標だと思います。

 

 

西陵高校では、1年生の夏から3番中堅手として活躍し、3年生では主将としたチームを牽引しましたが、甲子園出場はできませんでした。

釜元豪選手は、県立西陵高校で成長を遂げたんですね。

 

ちなみに、釜元豪選手の嫁も同じ西陵高校だそうです。

大学時代も文武両道だった釜元豪!

釜元豪選手は、高校時代〝文武両道を貫く〟ことを目標に過ごし、難関国立大学を目指すクラスに所属するなど、学業の成績も良く広島大学に進学を志望していました。

 

野球を頑張りながら成績優秀ということですから、目標通り〝有言実行〟していたことになりますね。

釜元豪選手は、男が惚れる漢ですね!

 

当時の釜元豪選手は大学卒業後、小学校教諭になり、子供にソフトボールを教えるのが夢だったそうです。

もし、小学校教諭になっていたら、子供達から大人気の先生になっていたでしょうね。

 

 

残念ながら、甲子園出場できずに高校野球を終えた釜元豪選手は、大学進学へ向け、決意を新たに頑張って行こうと思ったはずです。

しかし、俊足と強肩を武器とした、3拍子揃った中堅手として注目をされた釜元豪選手は、各球団スカウトが興味を持っていたとのこと。

 

そして、福岡ソフトバンクホークスが釜元豪選手を育成枠で指名しました。

 

 

釜元豪選手は「普通のドラフトで指名されなくて落ち込んでいたが、それでも挑戦したい気持ちになった」とコメントしていて、プロ入りを決意したようです。

ちなみに、長崎県人として初の県立普通校からのプロ野球選手なんだそうです!

釜元豪選手は長崎県立高校のスーパースターですね!

 

もし、プロ野球の世界に行かずに大学進学を選択していれば、現在の釜元豪選手は小学校教諭になっていたでしょう。

大変だと思いますが、釜元豪選手なら本気で取り組めば、大学にいつでも入学できるでしょうから、プロ野球の世界に進む選択は間違えではなかったと思います。

 

むしろ、プロ野球の世界は限られた人間しか行けないので、厳しい世界ですが貴重な経験が得られるでしょうからね。

 

釜元豪選手、頑張れ!

最後に

 

現在の釜元豪選手は、1軍定着とまではいかないものの、スタメンに起用されればしっかりと存在感を示していますね。

何とかスタメンに定着できるよう頑張ってもらいましょう!

 

ソフトバンク釜元、今季初スタメンで初安打…上林代役でしっかりアピール

◆ソフトバンク1-9楽天(9日、ペイペイドーム)

今季初スタメンに抜てきされた釜元が今季初安打もマークした。

引用元:西日本スポーツ

 

今後も、釜元豪選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪