九鬼隆平の現在はイップス?偉大な父と彼女&結婚情報が気になる!出身中学や高校も徹底調査!

野球を始めて、わずか1年ほどで全国レベルの小学生が集うチームに選出されるのですから、これは本当に凄いというか、最早〝天才の領域〟ですね。

マジでヤバいです!

 

蹉跎(さだ)中学に進学した九鬼隆平捕手は、鍛治舎氏が監督をしていたオール枚方ボーイズという硬式野球チームに所属することに。

オール枚方ボーイズは、関西では強豪チームとして知られている野球チームで、九鬼隆平捕手はチームの主力選手として、中学硬式野球全国大会で5冠を達成した立役者なんです!

 

 

九鬼隆平捕手の中学時代は、本当に凄い功績を残した中学時代だったことがわかりましたね。

プロのスカウトが注目した九鬼隆平捕手の高校時代!

中学卒業後、九鬼隆平捕手は熊本県の秀岳館高校に入学します。

なんと、中学時代に所属していたオール牧方ボーイズのほとんどの選手が、秀岳館高校に入学することになったんです。

 

理由は、オール牧方ボーイズの監督をしていた鍛治舎氏が、秀岳館高校の監督に就任することになり、監督を慕っていた九鬼隆平捕手を含む選手たちがついていった形になりますね。(監督がごっそりと選手達を引き抜いたという説もありますが…)

九鬼隆平捕手を始め、スタメンのほとんどの選手がオール牧方ボーイズ出身という現状に、周りの反発は当然大きかったそうです。

 

何故なら熊本の高校なのに、スタメンに名を連ねているほとんどの選手が、大阪出身の選手だからです。

たしかに、漫画に書いたようなドリームチームですね!

 

それから、九鬼隆平捕手や選手達の頑張りが徐々に認められ、熊本県の代表として甲子園出場を果たします。

 

今でも鮮明に覚えていますが、2016年の秀岳館高校は県内でも圧倒的な強さで他校を寄せつけず、春のセンバツではベスト4に輝く強さを誇りました!

 

 

もちろん、九鬼隆平捕手もチームの主軸として活躍し、4番打者として4割近い打率でチームを牽引していきました!

守りの要、打線の主軸、そしてチームのキャプテンとして、九鬼隆平捕手の存在感はまさしくチームの大黒柱でしたね。

 

 

しかし、悲願の全国制覇を達成するという目標は叶わず、悔し涙の引退となりました。

テレビで試合を拝見していましたが、試合終了まで誰一人諦めない姿は、本当に感動したことを覚えています。

 

当然のことながら、甲子園での九鬼隆平捕手の活躍にスカウトの注目が集まることに。

身長やガッチリとした体型を持つ九鬼隆平捕手のスイングスピードと、プロ顔負けの強肩は、プロ野球でも十分に通用するレベルと判断され、高校ナンバーワン捕手として注目されました!

 

高校時代の九鬼隆平捕手は、野球人として必要なチカラと土台をしっかりと積み上げて、充実した高校時代だったのではないでしょうか。

 

甲子園での最後の夏、敗れた瞬間に流した、九鬼隆平捕手の涙は忘れません。

九鬼隆平捕手、感動をありがとう!

最後に

選手層が厚いホークスですが、捕手(キャッチャー)のポジションも熾烈を極めて大変だと思います。

 

しかし、九鬼隆平捕手の目標でもある〝打てる捕手〟を目指して、必ず正捕手の座を掴み取ってほしいと思います!

今後の、九鬼隆平捕手の活躍に注目していきましょう。

 

これからも、全力で九鬼隆平捕手を応援していきます!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪