京田陽太が結婚した嫁・葉月と子供の存在!愛用グローブのメーカーは何?守備にも注目!

中井諒さんは高校卒業後、桐蔭横浜大学を経て社会人野球のNTT西日本に在籍した京田陽太選手と同じ遊撃手の選手でした。

もちろん、京田陽太選手に負けず劣らずのとびきり上手すぎるショートストッパーです。

 

 

タマ
高校3年生の京田陽太選手が、野球人生で初めて「ヤバイ。こいつに負けるかも」と思わされたのが中井諒さんだったそうだニャー!将来は当然プロ野球選手を目指していたニャン!

 

京田陽太選手の後輩であり、ライバルであり、友人の中井諒さんは、23歳の若さで他界されたんです。
原因は、骨のガンと言われる骨肉腫でした。

 

そして、中井諒さんが愛用していた久保田スラッガーのグローブを貰い受けた京田陽太選手は、2020年のシーズンを中井諒さんのグローブとともに戦い抜きました。
京田陽太選手は「いける。はめた瞬間、すぐに思いました。絶対に大丈夫だって」と感じたそうです。
このグローブのおかげで、シーズン中は〝一緒に(ショートを)守っている〟感覚で心強かったでしょうし、このことがキッカケで京田陽太選手は久保田スラッガーを愛用していくこととなりました。
京田陽太選手が中井諒さんとの絆を凄くとても大事にしていることがわかりますね。

 

 

タマ
京田陽太選手は「僕にできることがあるとすれば、諒の分まで、明日を一生懸命に生きていくこと」と話していたニャー!親友でライバルでもある中井諒さんへの固い誓いだニャン!

 

久保田スラッガーのグローブで念願のゴールデングラブ賞を獲得し、中田諒さんに良い報告ができることを願いましょう!

今後も、京田陽太選手のグローブに関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

京田陽太の華麗な守備に注目!

野球というスポーツで絶対欠かせないプレーの一つが守備です!(今更どうしたという感じですが、いつもと違う入り方で挑戦してみました)

どんなに怪物クラスに凄い投手でも、打者に打たれたら守備の存在が必要不可欠ですし、試合になりませんからね。

 

 

タマ
打撃は水物なんてよく言われるが、守備は練習すればするだけ上達し、努力すれば努力するだけ達人に近づけるニャー!1点勝負の僅差の試合ほど、守備力の差は如実に現れるニャン!

 

 

京田陽太選手はもちろんのこと、パ・リーグの選手に負けじとセリーグの選手も、守備力が非常に高いことが改めてわかります。
プロ野球選手だから当然とかでなく、試合本番でこのパフォーマンスを当然のように発揮するには、血の滲むのような練習を幾度となく繰り返してきた成果だといえるでしょうね!

 

 

守備に反して、打撃の方は〝打てない〟なんて言われている京田陽太選手ですが、持ち前の華麗な守備で打撃の部分をカバーしていますし、いずれは守備と同じくらい打撃でもチームの勝利にバンバン貢献してもらいましょう。
もう〝打てない〟なんて言わせない!

 

今後も、京田陽太選手の華麗な守備に注目し、守備に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。
坂本勇人選手や菊池涼介選手に負けじと、近い将来必ずゴールデングラブ賞を獲得して欲しいですね!

最後に

憧れの人は地元・能美市の元メジャーリーガーだった松井秀喜さん、そして、目標の選手には鳥谷敬選手と中日ドラゴンズのレジェンド・立浪和義さんを挙げている京田陽太選手。

3人とも2000本安打をクリアしている名球会レジェンドですね!

 

 

タマ
特に立浪和義さんは中日のOBだけでなく、同じ左打者に加え、守備でも遊撃手など内野を守ることが多かったから共通点が多いニャー!自分(立浪和義さん)と同じように中日の生え抜き選手として、是が非でも2000本安打を達成して欲しいと考えているはずだニャン!

 

 

今後も、京田陽太選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪