戸柱恭孝が結婚した嫁と子供の存在は?高校・大学・NTT西日本時代に迫る!盗塁阻止も調査!

戸柱恭孝選手は1990年4月11日生まれの34歳(2024/07/23時点)で、鹿児島県肝属部内之浦町(現在の肝付町)出身。

鹿屋中央高校から駒澤大学、NTT西日本を経て2015年にドラフト4位で横浜DeNAベイスターズに入団し、背番号は〝10〟です。

 

タマ
この記事では、戸柱恭孝選手が結婚した嫁と子供の存在について。そして、高校・大学・NTT西日本時代のこと。さらに、盗塁阻止率についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

戸柱恭孝が結婚した嫁と子供の存在が気になる!

向上心』『素直さ』が人一倍強く、プロ入り後に課題の一つとして指摘されていた捕飛球の処理も『毎日のように居残りでフライ捕球の練習に取り組む』ことで改善されるようになったという戸柱恭孝選手。

努力を誰よりもできる人物なのでしょうね!

 

タマ
戸柱恭孝選手の愛称はいくつかあり、『ハマのスッパマン』『ハマの金剛力士像』など、見た目から付けられている愛称みたいだニャー!でも、愛称を付けられるという事は多くのファンから愛されていることだと言えるニャン!

 

そんな戸柱恭孝選手も30代に突入し、この年代になると多くのプロ野球選手が結婚を意識せざる得ない年頃なわけですが、実は戸柱恭孝選手、すでに結婚していることがわかりました。

2016年の1月に、京都府在住の一般女性の方と2年間の交際を経て入籍をしたとの発表があったんです。

 

 

タマ
おめでたいニュースだニャー!

 

結婚した嫁さんの名前はわかりませんでしたが、嫁さんとはNTT西日本時代の友人の紹介で知り合い、1歳年上でモデルの今井華さん似の美人とのことです。

戸柱恭孝選手は、嫁に会った瞬間から一目惚れをし、「この人と結婚するのかな」と感じていたそうです。

今井華さん似の美女ならば惚れてまうでしょうね!

 

また、結婚した嫁さんは料理が得意だそうで、戸柱恭孝選手をしっかりと栄養面でサポートしており、美人だけでなく女子力も抜群に高いとなると最高のパートナーですね。
戸柱恭孝選手も自宅に帰れるときは、すぐさま帰宅するのではないでしょうか!

 

そして、気になる嫁さんとの子供ですが、調べたところ現時点では子供がいるといった情報はありませんでした。
もしかしたら既にお腹の中に子供の存在がいてるかもしれませんし、第一子の誕生ニュースが突然来るかもしれませんね。

 

 

タマ
現在(いま)は二人の時間を大事にしたいのかもしれないニャー!子供の誕生を楽しみに待つニャン!

 

今後も、戸柱恭孝選手の結婚した嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

戸柱恭孝の高校・大学・NTT西日本時代に迫る!

横浜DeNAベイスターズでは、主に捕手としてチームを牽引していますが、戸柱恭孝選手の学生時代と社会人時代はどんな選手だったのかをここではお伝えします。

ハマのスッパマンこと戸柱恭孝選手のアマチュア時代に迫ってみましょう!

 

高校時代は、鹿児島県の鹿屋中央高校に進学し、内野手として主に三塁手として活躍してました。

残念ながら甲子園出場とはなりませんでしたが、この頃は内野手としてチームを牽引していたことがわかります。

夏の甲子園100回記念大会の時は、母校・鹿屋中央高校を全力で応援していましたね!

 

高校卒業後は、駒沢大学に進学し、入学後すぐに捕手に転向しました。

捕手についたのは大学生からだったんですね。

 

 

タマ
捕手のポジションに就くようになったのは大学1年からという遅い時期だったため、当初は抵抗もあったそうだニャー!それでも「全ての経験があっていまがあると思っています。遠回りだとは思っていません」と前向きに捉えていたニャン!

 

大学では、3学年下に同チームの今永昇太投手がいたとのこと!

プロ入り後も同じチームで戦える喜びは大きかったのではないでしょうか!

大学時代も高校時代と同様、全国大会への出場経験はなく、そのまま社会人野球へと進むことになりました。

 

NTT西日本に入社した戸柱恭孝選手は、入社すぐにはレギャラーを掴むことができませんでした。

それでも、2年目の第85回都市対抗野球大会で、大阪ガスの補強選手として出場した戸柱恭孝選手は、正捕手としてチームの準々決勝進出に貢献する活躍をみせました。

その活躍を機にNTT西日本の正捕手に付き、第40回社会人野球日本選手権大会では、チームの準々決勝進出に大きく貢献した戸柱恭孝選手。

 

 

また、その大会では大きく活躍したことから、大会ベストナインにも選出されたそうです。

 

 

 

タマ
様々な苦労を乗り越えてきたからこそ今の戸柱恭孝選手があるニャー!誰よりも努力を積んだからこそ、捕手としてプロ入りできたニャン!

 

ということで、戸柱恭孝選手の高校・大学・NTT西日本時代を振り返ってみましたが、学生時代に全国大会に無縁だったとしても、努力して諦めなければプロ野球選手になれる可能性があると感じられたのではないでしょうか!
プロ野球選手を目指している方は諦めないで奮闘してもらいたいですね。

戸柱恭孝の盗塁阻止率も調査!

プロ入り後から戸柱恭孝選手は、捕手としてチームを牽引していますが、捕手といえばやっぱり盗塁阻止率が気になるのではないでしょうか!

俊足のランナーを刺すことは、捕手として見せ所でもあります。

 

 

タマ
戸柱恭孝選手は捕球してからのスローイングが正確且つ速いニャー!『トバキャノン』と言われているニャン!

 

トバキャノンこと戸柱恭孝選手の2020年までの盗塁阻止率をみてみました。

 

2016年:.200

2017年:.353

2018年:.294

2019年:.120

2020年:.352(セリーグ2位)

 

少しばらつきがあるものの、昨シーズンは.352を記録し、セリーグでは中日ドラゴンズの木下拓哉選手に次ぐ2位という成績を残しています。

 

また、キャッチングやリード、フレーミング技術はプロ野球界でもトップクラスなので、盗塁阻止率も昨年のような成績を安定して出すことができれば、守備力は間違いなく12球団ナンバー1の捕手となるでしょうね!

今後も、戸柱恭孝選手の盗塁阻止率にも注目し、盗塁阻止率に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

最後に

戸柱恭孝選手は「投手が構えたところに投げてくれているから(自分も輝ける)」を信条としており、ミットを動かさないキャッチングに誰よりも自信を持っています。

絶対的な武器があれば、これ以上ない自信となるでしょうね!

 

 

タマ
戸柱恭孝選手の捕手としての存在は『ベテランの風格』と評されるほどだニャー!後は、打撃面や経験をさらに積むことで一回りも二回りも大きく成長できるニャン!

 

横浜DeNAベイスターズには、今永昇太選手や濱口遥大選手など良い投手がたくさんいます。
そのような良い投手を戸柱恭孝選手の持ち味であるリード技術で引っ張っていき、リーグ優勝と日本一に貢献してほしいですね。

 

今後も、戸柱恭孝選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。