黒川史陽の彼女&結婚情報!父・兄弟も凄いの?智弁和歌山高校時代に迫る!

黒川史陽選手は2001年4月17日生まれの23歳(2024/06/24時点)で、奈良県北葛城郡河合町出身。

智弁学園和歌山高校から2019年にドラフト2位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し、背番号は「24」です。

 

タマ
この記事では、黒川史陽選手の彼女&結婚情報について。そして、父・兄弟のこと。さらに、智弁和歌山高校時代についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

黒川史陽の彼女&結婚情報が気になる!

 

将来、チームの主軸として注目を集めている黒川史陽選手ですが、打撃センスの高さは非常に目を見張るものがありますね!

監督・首脳陣含め、多くの関係者が期待を寄せているでしょう。

 

 

タマ
黒川史陽選手の勝負強さは計り知れないニャー!メンタルの強さは球界トップクラスだと思うニャン!

 

イッヌ
野球の実力もさることながら、その甘いマスクで多くのファンもいると思うワン!イケメンだし若さゆえの可愛いさもあるワン!

 

そんな、黒川史陽選手の気になる彼女&結婚情報ですが、現時点では結婚どころか彼女に関する情報すらありませんでした。
現在23歳(2024/06/24時点)ですから、結婚はまだ早いにしても彼女の存在はいてもおかしくないでしょうね。

 

 

タマ
もしかしたら情報が出ていないだけで、高校時代から交際している彼女の存在がいるかもしれないニャー!影ながら支えているかもしれないニャン!

 

イッヌ
アマチュア時代から野球漬けの日々だったろうから、彼女を作る暇なんてなかったと思うワン!人よりも一芸を極めるとなると、壮絶な努力に時間を割く訳だからとても大変だワン!

 

 

チームメートから非常に愛されているのがわかりますね。

黒川史陽選手の人柄なら、すぐに素敵な相手が見つかるでしょう!

 

ちなみに好きな女性のタイプは、泉里香さんや中村アンさんだそうです。

二人ともスレンダー系美女ですね!

年齢性別問わず憧れている方は多いとでしょう。

 

ということで今後も、黒川史陽選手の彼女&結婚に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

甲子園に愛された黒川家!?黒川史陽の父・兄弟も凄いの?

小学1年生で野球を始め、中学時代は「泉州阪堺ボーイズ」に所属し、中学3年生の時「NOMOジャパン」に選出されて主将を務めた黒川史陽選手。

「NOMOジャパン」の同期には石川昂弥選手や西純矢選手がおり、そんなメンバーの中での主将ですから、黒川史陽選手の凄さが理解できますね!

 

中学卒業後は、野球の超名門で甲子園常連校の智弁和歌山高校に進学した黒川史陽選手。

甲子園5季連続出場は圧巻の記録ですね!

 

 

 

タマ
まさに、甲子園の申し子と言っても過言ではないニャー!小学生からレベルの高い環境で野球を続けてきた黒川史陽選手を支えてきた父や母、そして兄弟もどんな人なのかめちゃくちゃ気になるニャン!

 

 

 

イッヌ
父・洋行さんは甲子園優勝経験者、兄・大雅(たいが)さんは日南学園で春夏連続で甲子園出場、次男・黒川史陽選手が智弁和歌山高校で甲子園5季連続出場し、そして三男・怜遠(れおん)さんが星稜高校と、黒川家全員野球一色で規格外すぎたワン!父も含めてそれをまとめてサポートする母の存在も偉大だワン!

 

父・洋行さんの甲子園に対する想いも熱いし、息子三人を野球人に育てるのにも時には厳しくして褒めまくると、とても思考錯誤したと思います。
父なりの愛情表現であり、何よりも野球が親子のコミュニケーションツールになっていたのでしょう!

 

 

 

タマ
実家が硬式用バッティングセンターって羨ましすぎるニャー!息子たちは特権で、体力の限界までバッティングしまくれるから、技術の向上が格段に早いはずだニャン!

 

イッヌ
シーズンオフの調整もバッチリできるワン!父・洋行さんの野球に対する姿勢が半端なくヤバいのが伝わるし、だからこそ息子三人も野球が誰よりも上手くなったんだと思うワン!

 

今後も、甲子園に愛された黒川家に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

超高校球児!黒川史陽の智弁和歌山高校時代に迫る!

前述でも書いた通り、智弁和歌山高校で高校1年春からベンチ入りし、5季連続の甲子園出場を果たした黒川史陽選手。

甲子園常連校で間違いなく和歌山県No. 1の実力校でのベンチ入りですから、ポテンシャルの高さが同年代の子達よりも頭一つ二つ抜けていたと思います。

 

 

 

タマ
高校2年の春の選抜で甲子園準優勝に導き、夏の甲子園では初戦敗退を喫したものの、高校3年の春の選抜ではベスト8まで進んだニャー!当時の智弁和歌山高校には必要不可欠な存在で、注目選手として甲子園に名を刻んだニャン!

 

イッヌ
高校3年生では主将も務めたから、チームの絶対的支柱として大活躍したワン!黒川家の自慢の息子だワン!

 

 

黒川史陽選手の高校最後の夏、奥川恭伸選手擁する星稜高校との試合は甲子園に残る伝説だと言えるでしょう!

球史に残る素晴らしい試合でした。

 

 

 

タマ
現在(いま)ではお互いプロ野球選手として奮闘しているニャー!

 

イッヌ
同世代のライバルとしてお互いに成長して欲しいワン!

 

5季連続で甲子園に出場したものの、結果的に全国制覇は叶わず終わり、打倒・大阪桐蔭も為せませんでしたが、黒川史陽選手の野球人生が大きく変わったことには違いないと思います。

改めて黒川史陽選手は、超高校球児でしたね!

最後に

 

 

タマ
まだまだ発展途上の選手だから、できる限り野球に没頭して球界を代表するバッターへと成長して欲しいニャー!大いに期待したいニャン!

 

イッヌ
東北楽天ゴールデンイーグルスのリーグ優勝、そして日本一に大貢献してもらいたいワン!来シーズンも要チェックだワン!

 

今後も、黒川史陽選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。