渡邉陸の彼女&結婚情報が気になる!中学・高校時代!現在は育成で奮闘中!

城島健司(元プロ野球選手)さん、森友哉(西武ライオンズ)捕手のような逸材だったのでしょう!

 

充実した渡邉陸捕手の高校時代かと思いきや、高校1年の冬に、腰を痛めてしまうアクシデントがおきてしまいます。

 

そのため、渡邉陸捕手が高校2年の時、神村学園が出場を決めた夏の甲子園に間に合わず、悔しい気持ちが思い出として残っているそうです。

一生に一度しかない高校時代を、怪我でプレーができなかった無念は強くあるでしょうね。

 

高校2年の秋から正捕手としてチームに復帰し、打撃・守備面では期待通りの活躍を魅せます。

怪我で出遅れた分、気合十分といった気持ちだったと思いますね。

 

残念ながら、甲子園での活躍はできませんでしたが、期待の大型捕手としての役割と注目度を集めた高校時代となったことでしょう!

今後の高校野球では、守れて打てる捕手に注目していくと、さらに興味深く高校野球を観戦できるかもしれませんね。

現在は育成選手として奮闘中の渡邉陸!

育成選手ドラフト1位で入団した渡邉陸捕手は、現在育成枠の中で支配下登録を目標に、生き残りを懸け奮闘中です。

若手の育成に長けているホークスは、育成選手といえど現在でも1軍で活躍できるレベルの若手が沢山いますから、這い上がるのに凄く大変だと思いますね。

 

現在の渡邉陸捕手が、プロ野球選手を目指すキッカケとなった人物が、平成唯一の三冠王を獲得した松中信彦さんだそうで、少年時代に年に一度家族で、熊本県の実家からヤフオクドーム(ペイペイドーム)まで観戦したとか。

 

そんな憧れの選手が所属していた福岡ソフトバンクホークスに、育成選手とはいえ入団できたことは、きっと深い縁があったに違いないと思い、故郷の家族為にも育成から這い上がって、1軍での活躍を誓った渡邉陸捕手。

 

 

努力はもちろん、現在(いま)も支配下登録を勝ち取る気持ちが強ければ、必ず渡邉陸捕手は鷹の正捕手に成長すると思います。

 

ということで、渡邉陸捕手は現在、育成で奮闘中だとわかりました。

今後も、渡邉陸捕手の成長と活躍に注目していきましょう!

最後に

渡邉陸捕手が目標としている捕手は、〝甲斐キャノン〟こと甲斐拓也捕手で、現在の鷹の正捕手です。

 

甲斐拓也捕手も育成選手出身ですので、渡邉陸捕手もきっと越えることを期待したいですね!

渡邉陸捕手も甲斐拓也捕手同様、スローイングにかなり定評がありますから負けてないと思います。

 

 

強肩・強打の持ち味を活かして、必ず育成から支配下登録を勝ち取ってもらい、故郷の家族に活躍している勇姿を見せてあげてほしいですね。

今後も、渡邉陸捕手を全力で応援していきましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

記事がよければ『いいね』をお願いします♪