森友哉の彼女&結婚情報!ヤンキーだった中学時代!天才と称された高校時代が凄すぎた!

中学時代、遊び(ヤンキー)と野球を両立させていた天才・森友哉捕手が進学した高校ですが、春夏通算8度の全国制覇を達成している超名門強豪校『大阪桐蔭高等学校』に進学することに。

史上初となる春夏連覇を2度も達成(2012年と2018年)しており、現時点で間違いなく全国ナンバーワンの高校ではないでしょうか!

 

そんな、最強の甲子園常連校・大阪桐蔭を率いる西谷監督が、中学時代の森友哉捕手をスカウトしたそうです。

西谷監督といえば、高校日本代表の監督も務めたこともあり、数々の名選手を大阪桐蔭からプロへ輩出させた名監督ですね!

将来有望な中学生の選手を、自ら出向いてスカウトもするそうで、本当に実績ある素晴らしい監督だと思います。

 

超名門・大阪桐蔭を率いる西谷監督は、元教え子の森友哉捕手の凄いところが大きく3つあるそうで、それが〝動体視力〟〝アジャスト能力〟〝気配り〟だと話しています。

この3つを分かりやすく表現すると、動体視力は〝選球眼(ボール球を振らない)〟が良いとなるし、アジャスト能力は〝安打量産能力(ボールをしっかりミートする力)が高い〟ことだと言えますね。

そして、捕手として一番肝心な部分でもある気配りに関しては〝コミュニケーション能力が高い〟ということでしょうから、高校時代の恩師・西谷監督はそういった箇所を含めても、大阪桐蔭の卒業生で(森友哉捕手が)1番の選手だったそうです。

 

 

そこまで評価されていた森友哉捕手は、間違いなく天才と称されるべき選手だと思いますし、森友哉捕手が高校2年の時に中心選手として春夏連覇を達成させた一番の立役者と言える活躍もしました!

 

森友哉捕手は高校時代、見事に4度の甲子園出場を果たし、甲子園通算記録は14試合出場で55打数26安打5本塁打、打率.473と素晴らしい記録を残しており、まさに天才的プレーヤーだったことが理解できました!

『愛工大名電高校』出身のイチローさんの記録を抜いたことも話題となりましたね!

 

森友哉捕手の高校時代は、捕手としてはもちろんのこと、打撃の才能が凄すぎる天才だったことがわかりました。

最後に

高校時代の恩師である西谷監督から〝教え子で一番アジャスト能力が高い〟と太鼓判を押されている森友哉捕手ですが、確かに現在(いま)の森友哉捕手は、四球(フォアボール)も多いし、打ち損じが少ないので打率も残せる天才的プレーヤーだと言えると思います。

2019年のシーズンは首位打者(打率.329)も獲得し、捕手として史上4人目(野村克也、古田敦也、阿部慎之助に次ぐ)の快挙も達成しましたからね!

 

捕手が打てるチームは間違いなく強いですし、現に埼玉西武ライオンズは、2018・2019年と2年連続でリーグ優勝を果たしています。

 

 

天才的に勝負強いバッティングには凄みが感じられますし、まだまだ発展途上の選手でしょうから、捕手としてとんでもない記録を打ち立ててくれることに期待したいですね!

今後も、森友哉捕手の活躍に注目していきましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

記事がよければ『いいね』をお願いします♪