緒方孝市の嫁・息子・娘&自宅が気になる!采配ミスが原因で監督を解任された真相!若い頃がヤバかった!

引用元:朝日新聞

 

野間峻祥選手が全力プレーを怠ったゆえの愛のムチだったのでしょうけど、現在では平手打ちですら許されない時代です。
しっかりと言葉で伝えてほしかったですが、熱くなればなるほど手が出てしまうのかもしれませんね。

 

そして、解任理由の憶測2つ目が『数々の采配ミス』です。

 

この采配ミスに関しては、監督といえども人間ですし、野球は先が読めないスポーツの代表格とも言われ、采配をズバリ的中することもあれば外すことも勿論あります。
采配ミスが原因で監督解任されたのであれば、現在の指揮官・佐々岡真司監督には相当なプレッシャーがのしかかることでしょうね。

 

 

この投手を代えるタイミングにしても同じで、うまく采配が的中する時としない時があるわけですから、さすがに毎度毎度、緒方孝市さんの采配ミスで負けが続けば解任理由となるでしょうけどね。

おそらく一つ目の『野間峻祥選手への暴力行為』と、二つ目の『数々の采配ミス』が解任理由ではないと考えられます。

 

緒方孝市さんが監督を解任された本当の真相は、シンプルに『リーグ4連覇を達成できなかった』から。

あとおまけで、リーグ4位(2019年)に終わりクライマックスシリーズ(CS)にも出場できなかったからではないでしょうか。

 

緒方孝市さんは監督業を、節目となる5年間務めたこともあり、加えて先ほどの理由もあって球団からの辞任要請を受け入れたのでしょう。

それに監督業は想像を絶するほど大変でしょうから、少しユニフォームを脱いでゆっくりと過ごしたかったのかもしれませんね。

 

ということで、緒方孝市さんが監督を解任された真相は『采配ミス』ではなく、『リーグ4連覇』を達成できなかったことが大きな理由の一つだったことがわかりました。

解任理由がもし違ってたら、すぐさま追記していきたいと思います。

緒方孝市の若い頃がヤバかった!

カープ一筋22年の緒方孝市さんは、若い頃は走攻守揃った素晴らしい選手でした。

現在の選手で例えたら、柳田悠岐選手ですね!

 

タマ
緒方孝市さんは、トリプルスリーを十分に狙えたセンスの塊のような選手だったニャー!

 

 

特にバッティング能力はズバ抜けて高く、状況に応じて繋ぐバッティングや試合を決める一撃を打つなど、対戦チームからすれば警戒しなければいけない打者の一人として常にマークされていたでしょうね。
恥ずかしながらワタクシ、バッティングフォームを真似ていた時期もあるほど若い頃の緒方孝市さん追っかけていました。

 

タマ
緒方孝市さんが野球に取り組む姿はシンプルにカッコいいニャー!

 

プロ通算22年で積み上げた成績は、1506安打・241本塁打・725打点・268盗塁・打率.282と、レジェンドに相応しい数字だと思います。
コツコツと努力を惜しまなかった緒方孝市さんだからこそ、積み上げられた成績だと言えるでしょうし、その遺伝子は愛する子供達にもきっと受け継がれているでしょうから活躍が楽しみですね!

 

イケメン・緒方孝市さんの若い頃は、ヤバいほど能力が高く努力を惜しまない素晴らしい選手だったことが改めて理解できました。
今後のカープに、緒方孝市さんのような選手が一人でも多く存在すれば、強いチームを構築しやすいでしょう!

最後に

監督時代、5年間の勝敗成績は398勝303敗で、勝率は.557と凄まじい数字を残した緒方孝市さん。

カープファンだけでなくプロ野球ファンの皆さんは、リーグ3連覇を成し遂げた緒方孝市さんを絶対忘れることはないでしょうね!

 

タマ
NPB球史に残る快挙を成し遂げたニャー!

 

また是非ともプロ野球界にカムバックしてもらい、カープのユニフォームを着てチームを牽引してほしいですね!
今後も、緒方孝市さんの活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
記事がよければ『いいね』をお願いします♪