板東湧梧の彼女は坪平芽衣、そして結婚!母が美人!甲子園で活躍!

 

中学卒業後は、強豪校の『鳴門工業高校』からお誘いがあったみたいですが、迷わず県立の『鳴門高校』に進学します。

 

理由は〝地元の仲間と甲子園に出場する〟といった、固い結束があったからだと考えられますね。

間違いなく板東湧梧投手にとって、一生涯の仲間でしょう!

 

しかし、鳴門高校も甲子園に何度も出場するほどの強豪校として有名。

 

板東湧梧投手が入学した年も、上級生にレベルが高い投手や選手がゴロゴロいたので、2年の春までは野手(セカンド)として甲子園に出場していました。

それでも、ベンチ入りしているから十分凄いと思いますが、板東湧梧投手は〝エースピッチャー〟として甲子園に出場したかったでしょうから不本意だったのかもしれませんね。

 

そして、念願の背番号1(エースナンバー)を付けることになり、ようやく自分がやりたかった投手を全うすることに!

 

 

まさに〝水を得た魚〟のように、3年生では春夏共に甲子園出場に導く板東湧梧投手。

もちろん私達が知らないとこでは、並々ならぬ努力があったでしょうから、本当に凄い投手というか素晴らしい人物だと思います。

 

ということで、板東湧梧投手は投手のポジションを諦めず、チームをエースとして甲子園に導いたことが分かりました。

最後に

〝甘いマスク〟で人気の板東湧梧投手ですが、まだ1軍での登板はありません。

 

しかし、伸びのある直球と四隅に投げ分けるコントロールは、高校時代から定評があった板東湧梧投手。

鷹のエース・千賀滉大投手も「球が速いし、制球力もいい。あれだけの球を投げられるのだから技術は高いと思うので、いつかピッチングの話もしてみたい」と絶賛するほど、板東湧梧投手のポテンシャルは高いと言えるでしょうね!

 

 

軸もしっかりしていて、コントロールも球筋もピカイチですね。

今後、板東湧梧投手の1軍での活躍に注目していきましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

記事がよければ『いいね』をお願いします♪