ソフトバンクホークス選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

笠谷俊介の彼女が気になる!3人の姉の存在!中学・高校時代も!

笠谷俊介投手は1997年生まれの22歳で、大分県大分市出身。

2014年にドラフト4位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、背番号は『67』です。

 

この記事では、笠谷俊介投手の気になる彼女のこと。

そして、3人の姉の存在に中学・高校時代についても書いていきますので、最後までお付き合い下さい。

イケメン・笠谷俊介の彼女が気になる!

ホークスの選手はイケメン多しといった印象が強いですが(というか実際イケメンばかりですが)、中でも笠谷俊介投手は上位クラスのイケメンではないでしょうか。

笠谷俊介投手は〝真面目そうなイケメン〟といった印象ですね。

 

そんな、イケメン・笠谷俊介投手ですが、彼女の存在を気にしている女性ファンも少なくないと思います。

彼女がいるのかいないのか、気になったので調査してみることに。

 

しかし、残念ながら笠谷俊介投手の彼女に関する情報は一切出てきませんでした。

もしかすると、彼女の情報が出ていないだけで、高校時代から付き合っている彼女がいたりするのかもしれませんが、今後の笠谷俊介投手の活躍次第で彼女の情報がわかるかもしれませんね。

 

ですので、今後も笠谷俊介投手の彼女に関する情報が入り次第、追記していきたいと思います。

3人の姉がいる笠谷俊介!

笠谷俊介投手には3人の姉がいるそうで、姉それぞれの年齢と画像はありませんが、きっと3人とも美人だと予想ができます。

姉が3人いる弟だと勝手なイメージですが、しっかり者に育てられそうですよね。

 

3人の姉がいる笠谷俊介投手は、小学4年生の時に『白血病』で母親を亡くしていたそうなんです。

 

まだ42歳という若さだったみたいで、突然の別れに大きな悲しみに包まれたのですが、同時期に始めた〝野球〟と〝3人の姉〟に救われたと言います。

母親を亡くした悲しみは計り知れないですが、支えが一つでもあれば、時間をかけて立ち直ることができますよね。

 

3人の姉と共に、家のお手伝いも積極的に行っていたという笠谷俊介投手は、立派に成長しプロ野球選手となった現在(いま)を、天国にいる母親はきっと見守っていることでしょう。

今後、母親に届くくらいの活躍に期待したいですね。

 

ということで、笠谷俊介投手にとって3人の姉は〝母親代わり〟の存在だったのかもしれません。

笠谷俊介投手の3人の姉に関する情報が入り次第、追記していきたいと思います。

中学時代の笠谷俊介はセンスの塊だった!?

笠谷俊介投手は小学4年生の時に野球を始め、親友でありライバルでもあるの梅木大哉さんに誘われて富士見ネイチャズ』に加入したそうです。

梅木大哉さんの現在の情報はありませんでしたが、中学時代は笠谷俊介投手と2枚看板でチームの勝利に貢献していた投手だったそうですよ。

 

小学5年生から投手を始めた笠谷俊介投手は、中学では中学硬式野球チーム『大分七瀬ボーイズ』に所属し、チームを全国大会へと導く活躍をしたそうです。

中学生から硬式野球をする同世代の人達は、僕からすると皆さんプロ野球選手を目指す人種だと勝手に思ってましたし、僕も野球を嗜んでいましたが、レベルが雲泥の差ほど上手だった記憶がありますね。

 

 

中学時代の笠谷俊介投手は、間違いなくセンスの塊だとわかっちゃいますし、何よりイケメンすぎるので女子人気が凄かったことでしょう!

バレンタインチョコのもらった数で、中学No. 1な気がしますね。

 

中学時代の笠谷俊介投手は、イケメンで野球もセンスの塊だということがわかりました。

笠谷俊介の高校時代も凄い!

センスの塊だった中学時代を経て、笠谷俊介投手は『大分商業高校』に進学することに。

高校入学当初の時点で、高校時代の監督が笠谷俊介投手の才能に惚れたそうなんです。

 

高校1年生の夏からチームのエースナンバーを背負い、キレのある真っ直ぐと多彩な変化球で、相手打者に的を絞らせない投球で勝利に貢献していました。

笠谷俊介投手高校時代は、まさに杉内俊哉さんを彷彿させる投手でしたね。

 

2年の夏の大分大会決勝では、親友でライバルの梅木大哉さんとの投げ合いを制し、見事〝夏の甲子園〟への切符を手にする活躍を魅せた笠谷俊介投手。

 

 

いやー青春って素晴らしいですね!

高校野球最高!

 

高校時代の活躍で注目を集めた笠谷俊介投手はその後、プロスカウトからドラフト候補選手に挙がり、見事念願の福岡ソフトバンクホークスへの入団を果たすことになります。

これには家族や親戚、そして仲間達も大いに喜んだことでしょう!

 

ということで、笠谷俊介投手は高校1年の夏から〝エース〟として活躍し、チームを甲子園へ導くなど、高校時代も凄い投手だったことがわかりました。

最後に

ホークスのベテラン・和田毅投手をお手本とし、自主トレや考え方など野球に取り組む姿勢が根本から変わったそうです。

やはり、1年でも長くプロ野球選手としてプレーしていく為には、気が遠くなるほどの地道な基礎トレーニングや反復練習が必要で、本当に大変な世界だと思いますね。

 

 

それでも、1軍での登板も少しずつ経験しており、あとは努力と経験を怪我なく積み上げていけば、必ず和田毅投手のような実績を残せる偉大な投手になれるはずでしょう!

今後の笠谷俊介投手に期待したいと思います。

 

これからも、笠谷俊介投手に関する情報が入り次第追記していきたいと思いますので、全力で応援していきましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

最新情報をチェックしよう!