ソフトバンクホークス選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

小澤怜史の彼女の存在!中学・高校時代!戦力外で現在は育成選手!

小澤怜史投手は1998年生まれの21歳で、静岡県三島市出身。

2015年にドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスに入団し、現在は育成選手で背番号『123』です。

 

この記事では、小澤怜史投手の彼女のこと。

そして、中学・高校時代と戦力外を経て現在は育成選手についても書いていきますので、最後までお付き合い下さい。

小澤怜史の彼女の存在!

小澤怜史投手は現在ホークスの育成選手で、支配下登録を目指し絶賛奮闘中ですね。

やはり、どの業界も若者が頑張らないと盛り上がりませんから、小澤怜史投手を含め、どんどん若手の選手が1軍で活躍できるレベルに成長してほしいところです。

 

そんな、育成選手の小澤怜史投手に彼女がいるのかいないのか、気になるファンもかなりいると思います。

小澤怜史投手の彼女に関する情報を、ネット・SNS等で徹底的に調査してみることに。

 

しかし、残念ながら小澤怜史投手の彼女に関する情報は全く出てきませんでした。

今後の活躍次第で女性ファンからの注目度も更にヒートアップするでしょうから、まずは支配下登録を勝ち取って、1軍でバリバリ活躍してもらいましょう!

 

また、小澤怜史投手の彼女に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

ポテンシャルが高かった小澤怜史の中学・高校時代!

小澤怜史投手は、小学3年生から『三島リトルジャイアンツ』で野球を始めたそうです。

創立40年以上のチームで、小澤怜史投手を含め、多くの名選手を輩出した実績ある少年野球チームですね。

 

中学時代は、一つ年上の兄・小澤拓馬さんと共に『静岡裾野リトルシニア』に所属し、兄の背中を追いかけながら中学を過ごしてきたそうです。

結果的に小学・中学・高校と、兄と同じチームで野球をしていた小澤怜史投手ですが、兄弟で切磋琢磨しながら野球に取り組む姿勢に対して、きっと親御さんは嬉しかったことでしょうね。

 

中学卒業後は『日大三島高校』に進学し、高校1年生からベンチ入りを果たしたことから、ポテンシャルの高さがわかります。

兄・拓馬さんの存在が、小澤怜史投手にとって大きな成長になっていることは間違いないでしょう。

 

残念ながら甲子園出場は叶いませんでしたが、チームの〝エース〟として貢献していた小澤怜史投手。

 

 

高校時代の小澤怜史投手は、最速152km(静岡県高校野球史上最速)の真っ直ぐを武器に県内No.1投手として、プロのスカウトからも注目を集めていました。

身長も180㎝以上あるので〝第2の大谷翔平〟と騒がれるほど、周囲の期待は高かったそうですよ!

 

勿論、地道なトレーニングを続けてきたことありきですが、見事『日大三島高校』初のプロ野球選手として、高校の歴史に名を刻んだ偉業は本当に凄いと思います。

小澤怜史投手の兄・拓馬さんも、プロ野球選手を目指しているみたいですので、弟に負けじと必ず同じ舞台で投げ合ってほしいですね。

 

ということで、小澤怜史投手の中学・高校時代は、非常にポテンシャルが高かったことがわかりました。

今後も、小澤兄弟に関する情報が入り次第、追記していきたいと思います。

戦力外を受け、現在は育成選手の小澤怜史!

ここ数年、首や右肘の故障に悩まされた小澤怜史投手は、2019年10月に球団から戦力外通告を受け、改めて育成選手契約をすることに。

ポテンシャルが高いだけに非常に悔しい戦力外となりましたが、これをバネに育成から這い上がってほしいものですね。

 

福岡ソフトバンクホークスは、12球団で1番層の厚いチームだと思います。

なので、今後の伸びしろに期待が持てる若い支配下の選手を一先ず戦力外にして、そこから育成選手として契約し直し、限られた支配下枠を空ける手段をとっているのかもしれませんね。(あくまで私の予想ですが)

 

小澤怜史投手も「球団からも『ケガが治ればまたチャンスはある』と言っていただいた。2月までにしっかり治して、ケガする前よりも良くなったと言ってもらえるように頑張りたい。ここから這い上がるだけです」とコメントしており、再び支配下登録を目指すことを誓っています。

スポーツ選手にとって1番の天敵は怪我ですので、何とか完治させて育成で奮闘してもらいましょう!

 

ということで、小澤怜史投手は戦力外通告を受けたものの、育成から這い上がることを誓い、再び支配下登録を目指し奮闘中だと知ることができました。

育成での小澤怜史投手に注目していきたいと思います。

最後に

スライダー、カットボール、カーブ、フォークボールの持ち球にし、最速153㎞の真っすぐも投げる速球派の小澤怜史投手。

ポテンシャルの高さが感じられる投球を、早く1軍のマウンドで観戦してみたいですね。

 

 

小澤怜史投手なら育成から這い上がり、必ず支配下登録を勝ち取ってくれるでしょう!

今後の活躍に期待したいですね。

 

これからも小澤怜史投手に注目し、全力で応援していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

最新情報をチェックしよう!