杉山一樹の三菱時代が凄い!彼女や結婚について!中学・高校時代も!

中学時代は投手ではなく、外野手や捕手だったのは意外でしたが、二つとも肩が強くないと守れないポジションに違いありません。

杉山一樹投手の肩は、中学時代から相当強かったことが想像できちゃいますね。

 

おそらく、現在のキレと伸びのある直球も、中学時代にこなしていたポジションの経験値が力になっていると思って間違い無いと思います。

 

ということで、杉山一樹投手の中学時代は投手ではなく、外野手や捕手のポジションを守っていたことがわかりました。

投手に復帰した杉山一樹の高校時代!

杉山一樹投手の出身高校は『静岡県立駿河総合高等学校』で、この高校は『静岡県立静岡南高等学校』と『静岡市立商業高等学校』が統合して新設された時に、杉山一樹投手は1期生として入学しました。

 

杉山一樹投手は〝投手をやりたい〟といった強い希望があり、小学生以来となる投手に復帰することに。

中学時代に投手から一度離れることで『もう一度マウンドに立ちたい』といった気持ちがあったのかもしれませんね。

 

2年生の秋にはチームの〝エース〟にまで成長した杉山一樹投手は、創部初のベスト8にまで導く活躍をしました。

 

 

高校から投手に復帰したとは思えない成長速度ですが、それだけ杉山一樹投手の実力と才能がずば抜けていたのでしょう!

 

 

残念ながら甲子園出場とまではなりませんでしたが、高校時代に直球を145㎞まで計測するほど、投手として土台を作り上げました。

高校時代から高身長だった杉山一樹投手は、〝静岡の大谷〟と称されるほど素晴らしい逸材だったのでしょうね!

 

ということで、投手に復帰した杉山一樹投手の高校時代は、将来性のある投手だったことがわかりました。

最後に

即戦力になる投手としてホークスに入団した杉山一樹投手は、2019年のキャンプで右足首を痛めたこともあり心配されていましたが、現在は一軍登録されており、ヤフオクドーム(現ペイペイドーム)で登板も果たしています。

 

 

投げるボールはすでに一級品だと思うので、ペイペイドームでさらに躍動する杉山一樹投手に期待したいですね!

なので、今後も杉山一樹投手の活躍と動向に注目していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。