鶴岡慎也が結婚した嫁と子供の存在!ソフトバンク時代が気になる!ダルビッシュとの関係や引退説の真相!

あまり良くない流れの中、出会った人物がダルビッシュ有(現シカゴカブス)投手。

ダルビッシュ投手は、歴代最強の日本のエースとまで言われたほどの実力とポテンシャルの持ち主ですね!

 

 

ダルビッシュ投手が先発登板する時は、ほぼ鶴岡新選手がマスクをかぶることが多いほど相性が良かったのでしょう!

高卒2年目から破竹の勢いで球界のエースに上り詰めた大投手・ダルビッシュ有投手も、鶴岡慎也選手に対しては絶大な信頼を置いていたといいます。

 

タマ

鶴岡慎也選手は、ダルビッシュ有投手の専属捕手だったニャー!その功績もあり、鶴岡慎也選手は日本ハムには必要不可欠な選手へと成長していったニャン!

 

ダルビッシュ投手は、メジャーリーグで屈指の投手となった現在(いま)でも、バッテリーを組みたい日本人選手として真っ先に鶴岡慎也選手の名前をあげるなど、その絶大な信頼は変わっていないようです。

まさに、多くを語らずとも存在感の大きさが伺える『恋女房』と言える関係性ですね!

 

 

ということで、鶴岡慎也選手とダルビッシュ投手の関係性は『最高のバッテリー』だということがわかりました。

今後も、鶴岡慎也選手とダルビッシュ投手に関する情報が入り次第ついkしていきたいと思います。

鶴岡慎也の引退説が浮上している件!

すでにベテランの域に達している鶴岡慎也選手ですが、近々引退するのではないかという説が出ています。

プロ野球選手は大体、35歳を超えてくると『引退』の二文字が少しずつ浮かんでくるそうですね。

 

実は、鶴岡慎也選手は日本プロ野球の現役選手で唯一、東京時代の日本ハムファイターズでプレイした人物なんです。

 

タマ
共に同じ世代で奮闘していた同僚の田中賢介さん、實松一成さん(現巨人コーチ)が引退したこともあり、鶴岡慎也選手も続いて引退するのではないかと言われているニャー!

 

現在、鶴岡慎也選手の肩書は『選手兼一軍バッテリーコーチ』で、捕手事情が厳しかった日本ハムにとって鶴岡慎也選手は非常に貴重な存在かと思います。

事実、鶴岡慎也選手がコーチに就任したことで、清水優心選手など若手捕手が育っていますからね!

 

 

凄く礼儀正しくて素晴らしい選手だと思います。

さらには、他球団から移籍してきた宇佐美真吾選手(19年途中に巨人からトレード加入)、黒羽根利規選手(17年途中にDeNAからトレード加入)らがレギュラー争いを続けており、鶴岡慎也選手の下の世代が頑張っていることがチームに活気と元気を与えますね!

 

そんな現状から今後も、選手としての出場機会はかなり限定されると考えられますし、東京時代の日本ハムを知る最後の選手が引退する日もそう遠くないと思うと寂しい気持ちになります。

ただ、中島聡さん(現オリックス二軍監督)のように、しぶとく現役にこだわる可能性も考えられます。

中島聡さんは選手兼一軍バッテリコーチとして、7年間で28試合という出場試合数でしたが、現役であることにこだわり続けていました。

 

これは、現役通算プレイ年数の記録にこだわった結果ともみられており、実際29年間というプレイ年数は工藤公康さん(現ソフトバンク監督)と並ぶNPBレコードなんです。

間違いなく、全スポーツ選手に勇気を与えた一人ですね!

 

鶴岡慎也選手が、この29年間に到達するにはあと10年以上現役を続ける必要があり、それまで支配下登録数を割いて契約を続けるということは中々考えづらいことです。

というわけで、鶴岡慎也選手の引退説は本人の意思次第ではありますが、かなり濃厚ではないかと考えられるでしょう。

 

1日でも長く現役を続けてもらうことを願い、コーチ兼任での現役選手を完全燃焼してもらいたいですね!

最後に

献身的なプレーを心がけ、鶴岡慎也選手は「投手に気持ち良く投げさせることがキャッチャーの一番の仕事」だと話しています。

さらには「生きた球を投手に投げて貰う為に投手の投げたい球を中心に配球し、ベテラン打者に対しては感性による読み合いを大事にしている」ともコメントしていますね。

 

タマ
だからこそ、ダルビッシュ投手からの絶大な信頼を得ることができ『最高のバッテリー』へと成長できたニャー!

 

 

鶴岡慎也選手がコーチをすることにより、一人でも多く活躍できる捕手を育ててもらいましょう!

そして、間違いなく現役生活は晩年を迎えていますが、指導者としてだけでなく、選手としてもしぶとい活躍を見せ続けてほしいですね。

 

今後も、鶴岡慎也選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪