中井大介が結婚した嫁と子供の存在が気になる!戦力外を受けた事実に迫る!中学・高校時代は?

中井大介選手は1989年11月27日生まれの34歳(2024/05/23時点)で、三重県伊勢市出身。

 

三重県立宇治山田商業高校から、2007年に高校生ドラフト3位で読売ジャイアンツ(巨人)に入団し、2018年のシーズンオフに戦力外通告を受ける。

同年12球団合同トライアウトを受け、2019年に横浜DeNAベイスターズに入団し、2021年シーズンを持って現役引退。

 

タマ
この記事では、中井大介選手が結婚した嫁と子供の存在について。そして、巨人から戦力外通告を受けた事実のこと。さらに、中学・高校時代についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

中井大介が結婚した嫁と子供の情報が気になる!

右の大砲として期待され巨人に入団し、現在は横浜DeNAベイスターズの代打の切り札として活躍している中井大介選手。

代打の切り札ということは、1打席に対する集中力がどの選手よりも研ぎ澄まされているのでしょう!

 

 

タマ
福岡ソフトバンクホークスでいう長谷川勇也選手のような存在だニャー!必殺仕事人と言われている長谷川勇也選手のように、中井大介選手も一撃必殺で安打を放つニャン!

 

そんな、30代の中堅選手・中井大介選手ですが、2017年1月1日に結婚を発表されています。

元旦ハッピーウエディングですね!

気になる結婚相手は、東京都内在住の一般女性だそうで、中井大介選手よりも1歳上とのことです。

ほぼ同級生のような感じですね!

 

嫁さんとの出会いは、2014年のシーズンオフに知人の紹介で知り合ったそうで、「物静かで控えめな感じ」と中井大介選手の方から嫁さんに好意を持ち、2015年の1月1日から交際がスタート。

 

 

タマ
交際記念日が1月1日の元旦だったから、結婚したのも元旦だったわけだニャー!元旦が結婚記念日ならば絶対忘れることはないはずだニャン!

 

交際スタートして1年が経った頃、嫁さんは仕事をしながら栄養を学び、健康的かつ栄養満点の料理で中井大介選手を全面的にサポートしました。

結婚した嫁さんは、夫・中井大介選手をしっかり支え、立てるところはちゃんと立ててくれるイメージがありますね。

 

そういった嫁さんの姿勢が中井大介選手の心を動かし、「一緒にいたい!」と思うようになったことで、中井大介選手が自身の誕生日に10本のバラを持って「結婚してください!」と嫁さんにプロポーズしたとのこと。
自分のために時間を割いてくれていると分かった時、とてつもなく大事にしたいと思っちゃうんですよね!
中井大介選手は結婚について「最後のつもりでやっていますし、覚悟を決めて結婚します」とコメントしています。

 

 

タマ
結婚によって自分以外の誰かのためといった責任感が生まれた時、実力以上の力を発揮できるニャー!愛する者を守るためのパワーだニャン!

 

愛する嫁さんとの子供ですが、現時点では子供の存在についての情報が出てきませんでした。
結婚してから時が経っているので、子供の存在がいてもおかしくはないようにも感じますが、様々な夫婦の考え・タイミングがありますからね!

 

 

タマ
もしかすると、公にはされていないだけで既に子供がいる可能性もあるニャー!プライバシーの問題もあるから、嫁さんや子供の情報は出さないようにしているパターンも考えられるニャン!これも家族を守るための手段の一つだニャー!

 

今後も、中井大介選手が結婚した愛する嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

這い上がれるか!中井大介が戦力外を受けた事実に迫る!

知っている人も多いかと思いますが、中井大介選手は、もともと読売ジャイアンツ(巨人)でプレーしていましたが、2018年のシーズンオフに戦力外通告を受けました

実力主義・結果が全ての世界ですから、戦力外通告を受ける選手は毎シーズンいますね。

 

 

タマ
プロ野球選手たちは戦力外通告を受けない為にも、死に物狂いで野球と向き合っているニャー!球団から必要不可欠な存在になるには、結果を残し続けないといけない厳しい世界だニャン!

 

中井大介選手も当然そういった覚悟のもと、プロ野球界で奮闘しているわけですが、プロ2年目に初めて1軍に上がり、一学年上の坂本勇人選手とともに将来のジャイアンツを担う選手として期待されていました。

坂本勇人選手も高校卒業後にプロ入りした方ですから、中井大介選手にどれだけ期待していたかわかりますね。

 

しかし、レギュラーとして試合に出ても不調が続いたり、怪我に見舞われたりして好調を維持できずにシーズンを過ごす日々が続いた中井大介選手。

伝統ある巨人軍ではレギュラー争いが熾烈極まりなく、結果&実力至上主義ですから、中井大介選手は2018年のシーズン終了後に戦力外通告を言い渡されたのです。

 

 

 

中井大介選手の戦力外通告に対し、ファンからは驚きと悲しみの声が多数とどろきましたね。

なかなか結果が出せてない中で新しい戦力が次々に加入し、焦りと不安で自分の持ち味と輝きを見失ってしまったのが、もしかしたら戦力外に繋がったのかもしれません。

 

 

しかし、トライアウトで見事結果を出して横浜DeNAベイスターズに入団することになり、ユーティリティプレイヤーとして必要不可欠の存在となっています。

あの狭き厳しいトライアウトで、球団との契約を勝ち取ったことは本当に凄いことだと思います。

 

 

タマ
巨人からの戦力外通告を経て精神的に大きく成長したところを、ベイスターズに結果で恩返しして欲しいニャー!巨人に戦力外したことを後悔させて欲しいニャン!

 

ここからの中井大介選手の巻き返しに期待しましょう。

中井大介の中学・高校時代も調査!

プロ野球の世界に入ってから中井大介選手は苦労されているように思えますが、学生時代の頃は規格外に凄い選手だったようです。

大体プロ野球選手になる方々は、怪物クラスの学生時代やアマチュア時代を経ていますがね!

 

 

タマ
なかには、プロ野球選手になってから覚醒するパターンの選手もいるニャー!育成選手から誕生することが多いニャン!

 

小学1年生で野球を始め、中学校時代は硬式野球チームの「鈴鹿シニア」で内野手兼任投手として活躍していた中井大介選手。

おそらく、小・中学時代からチームの中心選手だったのでしょう!

 

中学卒業後、三重県内の強豪校・宇治山田商業高校に入学し、高校1年生の夏には遊撃手のレギュラーを掴んでいました。

強豪校の通常の相場は、高校3年でレギュラーを勝ち取るのが一般的なのでしょうけど、期待値の高い選手の場合は例外が発生します。

それが中井大介選手だったんですね!

 

高校1年秋からは外野手兼投手も務めるようになり、高校3年の最後の夏にはエースとして甲子園出場を果たしました。

投手としてはMAX146km/hを投げ、打者では高校通算28本塁打を放つなど、投打でチームを甲子園に導きプロのスカウトから注目される選手となったわけです!

 

 

タマ
とんでもない規格外の高校生だったニャー!高校時代の期待値だけでいったら坂本勇人選手よりも大きかったかもしれないニャン!

 

内野・外野どこでも守れる理由は、高校時代までのこういったポテンシャルの高さがあったからだとわかりましたね。

中井大介選手の中学・高校時代恐るべしです。

最後に

打撃では天性の「ゆっくりしたスイング」から放つ強い打球を持ち味とし、陽岱鋼選手を参考にして打撃フォームの改造にも取り組んでいた中井大介選手。

まだまだ発展途上の選手ですから、この先が非常に楽しみですね!

 

 

タマ
中井大介選手は同世代選手の中で伸び代率が一番あると思うニャー!努力を怠らなければ必ず一花咲かせるはずだニャン!

 

 

今後も、中井大介選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。