スパンジェンバーグが結婚した嫁と子供の存在が気になる!葉っぱの正体とは?守備と打撃力に注目!

コーリー・スパンジェンバーグ選手は1991年3月16日生まれの30歳(2021/06/20時点)で、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ラッカワナ郡クラークス・サミット出身。

 

2011年にMLB(メジャーリーグベースボール)ドラフト1巡目でサンディエゴ・パドレスに入団し、2019年に埼玉西武ライオンズに移籍。

背番号は「22」です。

 

タマ
この記事では、スパンジェンバーグ選手が結婚した嫁と子供の存在について。そして、咥えている葉っぱの正体のこと。さらに、守備と打撃力についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

スパンジェンバーグが結婚した嫁と子供の存在が気になる!

内外野守れるユーティリティープレイヤーであり、メジャー6年間での実績でも万能で素晴らしい実績を残し、日本に来日したスパンジェンバーグ選手。

日本に来てからもその活躍ぶりには目を見張るものがありますね!

 

 

タマ
打撃も守備も申し分ない最強助っ人選手だニャー!チーム内からの信頼も絶大だと思うニャン!

 

そんなスパンジェンバーグ選手ですが、実はすでに結婚していたことがわかりました。

結婚した嫁は、ジュリー・ウメリッヒさんという方です。

笑顔が素敵な美しい女性ですね!

美男美女のお似合い夫婦で、とても幸せそうで羨ましい限りです。

 

嫁さんとの馴れ初めについては詳しく書いていないものの、日本に来てから子供を出産したといった情報が見られました。

2020年4月9日に都内の病院で結婚した嫁のジュリー夫人が第一子となる長女を出産し、帰国する予定でしたが新型コロナウイルスの影響もあり、日本で子供を育てていく(スパンジェンバーグ選手移籍次第でしょうけど)と決め、現在(いま)も元気に楽しみながら生活しているようです。

もちろん、スパンジェンバーグ選手の協力もあるでしょうし、何よりも家族揃って生活できることが1番の喜びでしょう!

 

それでもやっぱり、嫁のジュリーさんが日本で出産を決意した時は本当に大変だったでしょうし、そうと決まれば日本の病院について調べ、英語が通じる病院かを確認したのだそうです。

言葉が通じなければ意思疎通も難しいですし、とても重要なことですよね。

 

西武新外国人、妻は4月に日本で出産「病院について調べたよ」

4月にはジュリー夫人(28)が第1子を出産予定。日本の病院で産むことも決めた。「子どもは最初の6カ月を日本で過ごすことになる。タイミングもシーズン中だったし、(米国で産むと)しばらく会えないから。日本の病院について調べたよ」と準備は万全だ。

引用元:西日本スポーツ

 

異国の地である日本での出産を選択し、無事にかわいい愛娘を抱っこできたスパンジェンバーグは「夫婦ともに娘の誕生をお知らせできることに喜びを感じています。この喜びをライオンズファンの皆さまと早く分かち合える日が来ることを楽しみにしています」とパパになった喜びに浸っていたとのことです。

もし、結婚した嫁のジュリーさんが母国アメリカでの出産を選択していれば、シーズン終了まで子供に会えなかった可能性が高かったかと思いますので、大変だったでしょうけど結果的に良かったのかなと思いますね。

 

タマ
スパンジェンバーグ選手は嫁のジュリーさんのおかげで、コロナ禍での自粛中でも日本で子供を含めた家族での時間を共有でき、不安な気持ちも解消されたはずだニャー!家族の存在は偉大で絶大だニャン!

 

新しい家族が増え、スパンジェンバーグ選手も今まで以上に責任持って野球に取り組めるでしょう!

今後も、スパンジェンバーグ選手の嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

ドカベンの岩鬼!?スパンジェンバーグが加えた葉っぱの正体とは!?

走攻守揃った身体能力の高さが凄いと一目置枯れているスパンジェンバーグ選手ですが、それだけでなく、他にも有名になったものがあります。

それは、葉っぱを咥えていたということです。

 

タマ
口に咥えておくと落ち着く作用が働くのかもしれないニャー!タバコ的な役割かニャン?

 

埼玉西武ライオンズファンはすでに知っているかもしれませんが、知らない方もきっといると思うので、簡単にこの葉っぱについて解説していきます。

ざわつき防止の為にですね。

 

ゴールデンウィーク中のある試合で、打席に入るスパンジェンバーグ選手の口に葉っぱが出ているのがテレビに映っていました。

 

 

つまり、口に葉っぱを加えて打席に入っていたというわけです。

審判から注意されていないということは、アリなのでしょうね。

 

ところで、スパンジェンバーグ選手が葉っぱを加えているこの姿、野球ファンならどこかで見たことあるような光景ではないでしょうか。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪