選手応援ブログ「Hawks Soul(ホークスソウル)

金子侑司は韓国の在日と噂!ミタパンとの結婚は?高校・大学時代も徹底調査!

金子侑司選手は1990年4月24日生まれの30歳(2020/06/04時点)で、京都府京都市右京区出身。

2012年にドラフト3位で埼玉西武ライオンズに入団し、背番号は『7』です。

 

この記事では、金子侑司選手が在日韓国人という噂の真相。そして、ミタパンこと三田友梨佳アナウンサーとの結婚や高校・大学時代についても書いていきますので、最後までお付き合い下さい。

金子侑司が在日韓国人と噂の真相!

甘いマスクで女性ファンも多い金子侑司選手ですが、在日韓国人だったと噂になっていました。

言われてみれば、韓国人の雰囲気を纏っている感じもしますが、日本人も韓国人も同じアジア系の人種ですからね。

 

金子侑司選手の在日韓国人の噂に関して、ネットでは様々な意見が飛び交っていて、元々(金子侑司選手は)在日韓国人で、帰化人なのではないかといった情報が多くありました。

帰化人とは、その国の国籍を取得した人を指していて、例えでいえば、韓国人が日本国籍を取得し、日本人となった人を帰化人というそうです。

 

しかし、金子侑司選手は出身が京都府となっていますし、ネットの世界は信ぴょう性の低い情報も沢山ありますから、おそらく在日韓国人といった噂は単なる噂で、デマ(嘘)情報と考えるのが妥当かなと思います。

もしかしたら本当に在日韓国人だったかもしれませんが、その時はこの記事にすぐさま追記していきたいと考えているのでご了承下さい。

 

ということで、金子侑司選手の在日韓国人といった噂は、高確率でデマ情報ではないかと思います。

金子侑司とミタパンの結婚はどうなった?

金子侑司選手は、ミタパンこと三田友梨佳さんと結婚の噂が報じられていました。

三田友梨佳といえばミタパンの愛称で親しまれ、フジテレビ所属の看板アナウンサーで有名ですね!

 

ミタパンといえば、実家が有名料亭の『玄治店濱田屋』で、学生時代は遊びよりも勉強優先の優等生だったとか。

青山学院大学卒のミタパンは、まさに〝才色兼備(すぐれた才能と美しい容姿の両方をもっていること)〟と呼ぶに相応しい女性だと思います。

歴代フジテレビの女性アナウンサーで、ミタパンは間違いなくトップ5に入る美しさと人気だといえるでしょう!

 

そんな金子侑司選手とミタパンが初めて出会ったのが、プロ野球選手への取材だそうです。

 

 

プロ野球選手とアナウンサーの〝交際あるある〟がキッカケで男女の関係へと発展し、イケメン・金子侑司選手とフジテレビの看板アナウンサー・三田友梨佳の美男美女カップルですから、当然お似合いだし結婚するのも時間の問題かなーなんて思ってましたね。

 

しかし、結婚どころか破局報道がメディアで流れ、金子侑司選手とミタパンの結婚は現実になりませんでした。

別れたり復縁したりとあったそうですが、トータルの交際期間がなんと4年も続いたみたいで、凄く深い関係だったことが理解できますね。

ミタパンとの破局の原因は色々とあるみたいですが、大きく二つ取り上げると、ミタパンのお父さんが金子侑司選手との交際(結婚を含めて)を許していなかったそうです。

おそらく(料亭の)後継問題が絡んでいるのでしょうね。

 

もう一つの原因は、女性関係の問題だと言われており、女性にモテる金子侑司選手は、若干女性関係でフラフラしていたのかなと思います。

やはり、ミタパンほどの美人で実家の敷居が高い女性と結婚する為には、ハードルがかなり高い印象がありますね。(イケメン+お金を稼いでいても厳しいのかなと)

 

現在、金子侑司選手とミタパンの関係がどうなのかといった情報(破局報道以降)は定かではありませんが、今後も二人の情報には常にアンテナを張って、新情報が入り次第追記していきたいと思います。

金子侑司の高校時代はどんな選手だった?

金子侑司選手は小学4年生くらいの時期に、友達からの誘いがキッカケで野球を始めたそうなんですが、当時は野球よりも〝ラグビーに夢中〟だったみたいです。

現在(いま)の金子侑司選手からでは想像できないというか、友達から誘われていなければ、ラグビーに打ち込む青春時代を送っていたでしょうから、人生って本当わかりませんね。

 

当時は野球よりラグビーに夢中だった金子侑司選手も、お父さんの影響で徐々に野球熱が増していき、中学時代は『京都嵐山ボーイズ』に所属し、現在の打撃スタイルである〝両打ち〟を実践しだしたのは中学の初め頃だったそう。

両打ちができるセンスの高さ、そして、ラグビーの経験から足の速さにも定評があり、野球とラグビーの良いとこを合わせた〝ハイブリッドな選手〟だったのかなと。

 

 

現在の俊足は、小・中学時代で培われていたのでしょうね!

 

そんな、金子侑司選手が進学した高校が『立命館宇治高等学校』で、京都を代表する甲子園常連校です。

県内の高校から目標とされるくらい、野球に力を入れている高校ですね!

 

高校時代の金子侑司選手は、俊足を武器にレギュラーを勝ち取り、ショートのポジションで躍動しながらチームの勝利に貢献しました。

高校通算20本のホームランを放つなど、走攻守揃った素晴らしい選手へと成長した金子侑司選手。

 

残念ながら甲子園出場は叶いませんでしたが、高校時代の金子侑司選手は〝スイッチヒッター〟として活躍していたことがわかりました。

華々しい実績を残した金子侑司の大学時代!

高校卒業後、進学した大学は『立命館大学』を選択し、1年の春から関西学生野球・リーグ戦に出場し活躍を魅せます。

大学野球もレベルが高いですので、1年から活躍できる選手は本当に数少ないでしょう。

 

大学2年では、遊撃手(ショート)で〝ベストナイン〟を受賞し、大学3年では『第38回日米大学野球選手権大会』に大学日本代表として出場するなど、プロのスカウトからも注目されだした金子侑司選手。

大学日本代表の試合は、プロのスカウト達が目を光らせてチェックをするでしょうから、最大のアピールチャンスでもありますからね。

 

しかし、大学4年では打撃不振に陥ってしまい、長期間のスランプ状態が続き苦しんだそうですが、家族の存在が金子侑司選手を支えることとなり、見事プロ野球選手への道を勝ち取ることに!

 

金子侑司選手は〝家族の存在は非常に大きい〟と、家族の存在がなければ野球を辞めていたかもしれないと感謝の気持ちをあらわにしたそうですよ。

やはり、家族の存在・親の偉大さというのは有り難いし嬉しいこと。

ですから、絶対に感謝の心を忘れてはいけませんね。

 

現在(いま)も、家族への感謝を忘れずプロ野球選手として頑張っている金子侑司選手ですが、最高の親孝行ができるよう振り切るくらい活躍してもらいましょう!

ということで、大学時代の金子侑司選手は、華々しい実績を残した反面、スランプで苦しんだ時期も経験していたことがわかりました。

最後に

現在、金子侑司選手は盗塁王を2回獲得しており、文句なしでライオンズのスピードスターと言えるでしょう!

足が速いだけでなく、相手バッテリーとの駆け引きが巧みで、観察力・洞察力共に優れているのだと思います。

 

しかし、金子侑司選手は俊足だけが武器ではありません。

 

 

俊足を活かした幅広い守備範囲で、ヒット性の当たりを次々にキャッチしており、外野に打球が飛んでも安心させてくれますね!

魅せるプレーが本当に上手く、ライオンズには欠かせない選手です。

 

金子侑司選手の座右の銘は『華麗奔放(かれいほんぽう)』で、意味は〝常識や規範にとらわれないで、自分の思うままに振る舞うこと〟だそうです。

この通りにやれているか本人に直接確認してみたいところですが、金子侑司選手らしい座右の銘ではないかと思いますね。

 

今後も、華麗奔放に邁進していく金子侑司選手に注目していき、チームの日本一に貢献できるような活躍を期待しましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

最新情報をチェックしよう!