中村剛也の美人な嫁と子供!大阪桐蔭高校時代!バットとグローブも!

中村剛也選手は1983年8月15日生まれの37歳(2020/09/24時点)で、大阪府大東市出身。

2001年にドラフト2位で西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)に入団し、背番号は『60』です。

 

この記事では、中村剛也選手の美人な嫁と愛する子供のこと。そして、大阪桐蔭高校時代のこと、さらに愛用グローブとバットについても書いていきますので最後までお付き合い下さい。

中村剛也の美人な嫁と愛する子供が気になる!

現在(いま)のプロ野球界で〝ホームランアーティスト〟といった称号があるならば、間違いなく中村剛也選手が候補の一人として挙げられるのではないでしょうか!

 

 

本当に素晴らしいホームランバッターだと思います。

 

そんな中村剛也選手は、2008年に2歳年上の村上麻里恵さんと結婚していることが分かりました。

嫁の村上麻里恵さんは、元女優でありタレント、さらにモデルとレースクイーンでも活躍したことのある美人すぎる女性で有名ですね!

これほど美人な嫁が家で待ってくれているなら、間違いなく試合が終わってすぐ帰宅しちゃいます!

 

中村剛也選手と嫁の村上麻里恵さんの付き合ったキッカケや馴れ初め情報はありませんでしたが、中村剛也選手が嫁に超ゾッコンで愛しているとのこと!

とても素敵な夫婦じゃないでしょうか!

 

中村剛也選手の子供は、2009年、2011年、2014年に男の子が誕生しており、3人の男兄弟のパパだそうで、3人とも野球をしているか情報がありませんでしたが、野球をしているのならば、父から子供へ素晴らしい遺伝子が引き継がれているでしょうから期待できますね!

将来、中村剛也選手の子供がプロ野球界で活躍することを楽しみに待ちましょう。

 

中村剛也選手にとって嫁と子供の存在が凄く大きく、怪我で長期の戦線離脱の際も、中村剛也選手は「嫁と子供との時間が怪我のことを忘れられる」と話していました。

嫁と子供の支えのおかげ」と、感謝の気持ちを忘れない中村剛也選手は、選手としてだけでなく、夫や父親としても素晴らしい方だと思います。

 

嫁の誕生日には必ず〝バースデーアーチ〟を放つ中村剛也選手ですが、これからも嫁と子供の誕生日には、特大ホームランを打ってもらいたいですね!

中村剛也の大阪桐蔭高校時代がエグい!

日本球界を代表するホームランバッター・中村剛也選手の出身高校ですが、超名門『大阪桐蔭高等学校』出身です。

だいたい毎年、春夏甲子園出場している超強豪校ですね。

 

中村剛也選手が大阪桐蔭高校に進学した理由は、自宅から高校まで徒歩5分という立地条件だそうで、一番近くの高校がたまたま大阪桐蔭高校だっただけとのこと。

もし、一番近くの高校があまり野球に積極的でないところだったら、通っていなかったのかもしれませんね。

 

高校2年の春から4番を務めるようになった中村剛也選手は、ホームランをとにかく量産する活躍を魅せます。

高校時代ですでに、プロ顔負けの体格とパワーを備えていたでしょうから、軽くバットを振ってホームランにしているように見えていたと周りは話しています。

 

 

記事がよければ『いいね』をお願いします♪