ザック・ニールの現在の査定は?嫁と子供の件!米球団が注目した真相

ザック・ニール投手は1988年11月9日生まれの31歳(2020/09/26時点)で、国籍はアメリカ合衆国。

2018年に埼玉西武ライオンズに入団し、背番号は『54』です。

 

タマ

この記事では、ニール投手の現在の査定が気になること。そして、嫁と子供のこと、さらに米球団が注目していた真相についても書いていきますので最後までお付き合いしてほしいニャー。

ニールの現在の査定が気になる!

2019年のシーズンで埼玉西武ライオンズの一番の勝ち頭となったニール投手ですが、ニール投手を調査していくと〝査定〟といったワードをよく見かけました。

この機会に、ニール投手の〝査定〟を独自の考えで勝手気ままにさせてもらおうかなと思います。

 

タマ
ちなみにニール投手は、アスレチックスとドジャースで3年間メジャーでの経験をし、通算31登板で2勝挙げているニャー!

 

まず、ニール投手の特徴は〝ゴロを打たせるピッチング〟ですね!

 

 

打者を打たせてアウトを重ねていくことでリズムが生まれ、次の回での〝攻撃に勢いをつける〟といった〝相乗効果〟も期待できます。

三振を取れる投球は見応えありますが、ゴロやフライで打たせてとる投球も、球数節約に繋がりますし〝省エネピッチング〟で素晴らしいと思いますね!

 

ニール投手の球種が主に使用している球種は、『ツーシーム』『カーブ』『カットボール』『チェンジアップ』を活用しており、特にツーシームを軸に打者を打ちとっています。

ツーシームは『ストレート』と違い〝真っ直ぐからの右に若干沈みながら変化する球種〟で、日本でいう『シュート』に似ている球種がツーシームですね。

 

右打者には食い込んでくるようなボール、左打者からすれば逃げていくボールで、打ち取られた打者は〝ストレートと思ったら変化球やんか〟という気持ちでゴロを打たされているのでしょう。

 

タマ
ニール投手は技巧派ピッチャーで末恐ろしいニャー!

 

ニール投手の査定ということで色々調査してみましたが、コントロールもよく打者に的を絞らせないし、なおかつ打たせてとることにより〝省エネピッチング〟を実現させている凄い投手です。

ニール投手の査定は、間違いなく現在のライオンズの〝エース〟だと断言できるでしょうね!

 

ニール投手の査定については、また間隔を空けて更新していきたいと思います。

ニールの嫁と子供の存在が気になる!

試合中のニール投手は近寄りがたいイメージ(仕事で真剣だから当然)ですが、ユニフォームを脱いだら凄く優しそうで親しみやすそうな人柄のニール投手。

きっと、困っている人がいたら迷わず助けてくれる人柄なのでしょう。

 

タマ
日本にいる外国人はみんな優しい印象が強い気がするニャー!

 

そんな優しい印象のニール投手ですが、嫁と子供の存在が気になるところですね。

遠い異国の地で戦っているのですから、嫁と子供の存在があるとないとでは、メンタル面で大きく変動してきますから調査していくことにしましょう!

 

調査してみると、子供の情報は見つけられませんでしたが、嫁の存在がいることがわかりました。

 

タマ
嫁の名前は、キアナ夫人というそうだニャー!多分ニール投手と同じアメリカ人かにゃ。

 

ニール投手の嫁・キアナ夫人は、なんと野球一家だそうですね!

 

父ボビー・ウィットはレンジャーズやアスレチックスでプレーし通算142勝の名投手。さらに夫人の弟ボビー・ウィット・ジュニア(コリービル高校)は今春のMLBドラフト1位候補で、遊撃手ながら打撃力もあり、投げれば98マイル(158キロ)という中日根尾のような逸材。華麗なるメジャー一族だという。
引用元:日刊スポーツ

 

野球一家どころか〝野球エリート一家〟ですよね。

やはり嫁のキアナ夫人も、プロ野球選手のニール投手に引かれたのでしょうか。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪