熊代聖人が戦力外の危機!嫁と子供や今治西時代!モノマネが得意!

熊代聖人選手は1989年4月18日生まれの31歳(2020/10/23時点)で、愛媛県上浮穴郡久万高原町(かみうけなぐんくまこうげんちょう)出身。

2010年にドラフト6位で埼玉西武ライオンズに入団し、背番号は『58』です。

 

タマ

この記事では、熊代聖人選手が戦力外の危機と噂されている件。そして、嫁と子供や今治西時代のこと、さらに、得意なモノマネについても書いていきますので最後までお付き合い下さいニャー!

熊代聖人が戦力外の危機と噂されている真相!

激しいレギュラー争いに何とか食らいつきながら奮闘している熊代聖人選手ですが、近年の試合出場数の減少により〝戦力外の危機〟が噂されているそうです。

源田壮亮選手・外崎修汰選手・金子侑司選手などの活躍によって、なかなか出場チャンスに恵まれなかったのでしょうね。

 

タマ
守備や走塁に関してはスペシャリストだけど、打撃面でかなり苦しんでいるニャー!

 

ライオンズは選手層が厚いので、打撃で結果を残さなければレギュラー争いに勝てませんが、熊代聖人選手は守備&走塁に関しては一流選手ですし、秋山翔吾選手もメジャーリーグ挑戦でチームから外れますので、前向きに捉えるならチャンスですね。

ですから、戦力外の危機と噂されてはいますが、熊代聖人選手は戦力外にはならないでしょう。

 

タマ
とにかくアピールしまくって、怪我をしないことが最低条件で頑張れば、チャンスが沢山巡ってくるはずだニャー!

 

とにかく、熊代聖人選手の当面の課題は〝打撃面の向上〟ですし、打撃さえ大きく改善されれば、戦力外の危機を免れるだけでなく、レギュラーを勝ち取ることもできるでしょうね!
ポテンシャルが高い選手ですので、きっと大活躍をしてくれると思います。

 

今後、戦力外の危機から大逆転する熊代聖人選手に期待しましょう!

熊代聖人の嫁と子供が気になる!

熊代聖人選手は2011年12月に同い年の一般女性と結婚していたことがわかりました。

嫁も、熊代聖人選手の母校・今治西高校出身だそうで、高校時代からお付き合いしていたみたいですね。

 

タマ
嫁の名前は渡辺真弓だニャー!

 

嫁とは7年の付き合いを経て結婚に至ったそうで、熊代聖人選手は「家庭を持つということは、今まで以上に自覚と責任感が必要になってくる。全てにおいて頼れる男になりたい。野球の方もより一層がむしゃらに必死に頑張ります」と決意し、現在(いま)も尚継続中でしょう。

 

7年愛実らせた西武・熊代が結婚 来季はスイッチ挑戦

 西武・熊代聖人外野手(22)が8日、都内の市役所に婚姻届を提出した。お相手は母校・今治西の同級生・渡辺真弓さん(22)。7年間にわたる交際を実らせ、既に同居生活をスタートさせている。

熊代は「家庭を持つということは、今まで以上に自覚と責任感が必要になってくる。全てにおいて頼れる男になりたい。野球の方もより一層がむしゃらに必死に頑張ります」と決意を新たにした。1年目の今季は5月に1軍に昇格し、81試合で打率・250をマーク。来季は両打ちにも挑戦する。

引用元:スポニチ

 

嫁との子供は、2013年に長男、2016年に次男と二人の子供がいます。
子供二人とも男の子ということで、将来はプロ野球選手を目指すかもしれないので、何とか子供達の為にも活躍しまくってもらいたいですね。

 

タマ
子供はカッコいい父親の姿を見て、憧れを抱き目標としていくニャー!

 

ということで、熊代聖人選手には嫁と二人の子供がいることがわかりました。
嫁と子供達の為にも、活躍することを期待しましょう!

今治西時代の熊代聖人が凄かった!

熊代聖人選手の出身高校は、愛媛県にある『愛媛県立今治西高等学校』で、今治西高校は甲子園常連校で有名な高校ですね。

毎年、春の選抜か夏の甲子園に出場している印象が強いほど、愛媛県内では最強の高校と言えるでしょう。

 

そんな今治西高校で、熊代聖人選手は投手兼外野手として活躍していました。

 

タマ
今治西時代は〝小柄のエース〟として、MAX143㎞の直球を投げ込んでいたニャー!

 

熊代聖人選手は〝エースで4番〟と、まさに今治西高校の中心選手として3季連続の甲子園へチームを導きました。

 

 

愛媛県大会の決勝では、ライバル・済美高校との死闘を制し、マウンドでの立ち振る舞いはまさしく〝スーパーエースの姿〟でカッコ良すぎです!

記事がよければ『いいね』をお願いします♪