呉念庭(ウー・ネンティン)の彼女&結婚情報は?父はメダリスト!?高校・大学時代にも迫る!

呉念庭(ウー・ネンティン)選手は1993年6月7日生まれの30歳(2024/04/20時点)で、中華民国(台湾)台北市出身。

岡山県共生高校から第一工業大学を経て、2015年にドラフト7位で埼玉西武ライオンズに入団し、背番号は「39」です。

 

タマ
この記事では、呉念庭(ウー・ネンティン)選手の彼女&結婚情報について。そして、メダリストと噂の父のこと。さらに、高校・大学時代についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

呉念庭の彼女&結婚情報が気になる!

勝負強いバッティングで「得点圏の鬼」と称されるほどの呉念庭選手。

山賊打線の中心選手といっても過言でない山川穂高選手や中村剛也選手などがいる中で、4番打者を任されたこともあるほど結果を残していますからね!

 

 

 

タマ
呉念庭選手は間違いなく本物だニャー!勝負強い打撃だけでなく、選球眼(ボール球に手出さない)もいいからチャンスメイクもできる選手だニャン!

 

そんな呉念庭選手ですが、彼女&結婚情報が気になるファンも少なくないのではないでしょうか!

そこで、呉念庭選手の彼女&結婚情報については調査してみました。

すると、呉念庭選手は結婚どころか、彼女に関する情報すらありませんでした。

呉念庭選手の女性ファンの方々にとっては素敵な朗報ですよね!

 

 

タマ
台湾出身ということで台湾に彼女がいる可能性もゼロではないニャー!公になっていないだけで、もしかしたら結婚していたなんてこともあるニャン!

 

ちなみに、呉念庭選手の好きなタイプは堀北真希さんだそうです。

超絶美人すぎますね!

しかし、堀北真希さんはすでに結婚されていますし、あくまでタイプということです。

現在は、夫・山本耕史さんの妻として家庭に専念しつつ、子供2人を育てながら幸せに過ごしているみたいですね!

人気絶頂期のまま芸能界引退した伝説の女優でしたから、まるで山口百恵さんのような存在に思えます。(堀北真希さんは山口百恵さんに憧れていたとの情報)

 

まー仮に、彼女がいなくてもプロ野球選手は活躍次第でめちゃくちゃモテるでしょうし、この先もっと活躍していけば知名度も上がり、自然に女性と出会う機会が増えるので全く問題ありませんね!

堀北真希さんがタイプということは、綺麗系より可愛い系の女性が好みなんでしょうか。

 

 

タマ
顔の好みも大事かもしれないけど、それよりも料理ができて栄養管理を全面的にサポートしてくれる人がいいはずだニャー!やはりプロ野球選手の妻となるなら、そこは最低条件だと思うニャン!

 

今後も、呉念庭選手の彼女&結婚情報に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

呉念庭選手の父は元銅メダルリストだった!?

身体能力が高いことでも有名な呉念庭選手ですが、その身体能力の高さは遺伝なのでしょうか。

子供は、両親の才能や能力を引き継ぐ可能性が非常に高いですからね!

 

調べてみると、どうやら呉念庭選手の父は元プロ野球選手だったそうで、1984年に開催されたロサンゼルス五輪代表にも選出されたほどの守備の名手・呉復連さんだそうです。

プレミア12で台湾代表のヘッドコーチ、現在は中信兄弟エレファンツの監督を務めるなど、実績&経歴ともに申し分ない凄い方なんですね!

 

 

タマ
父・呉復連さんは台湾代表として、ロサンゼルス五輪で銅メダルを獲得した英雄だニャー!実家では、父と共に日本のプロ野球中継を観戦し、1つ1つのプレーを事細かに解説され「自然に野球のいろは」が刷り込まれていったそうだニャン!まさに英才教育だニャー!

 

昨シーズン中も、中継で愛息子のプレーを見て、感じたことがあれば、「疲れているのか?」「打撃フォームがおかしい」「守備の一歩目が遅い」など逐一電話でアドバイスを送ってくれるそうで、息子をかなり気にかけていることが分かります。

呉念庭選手も父に弟子入りするなど、父を越えるために良い意味で父を利用するといった形で、親子として素晴らしい関係性を築けているのではないでしょうか!

 

西武の呉念庭、父に弟子入り ロサンゼルス五輪銅メダル

来季3年目の呉念庭が銅メダリストの父の薫陶を受け1軍定着を目指す。契約更改交渉では50万円減の750万円でサイン。今季は辻監督から正遊撃手候補の期待を受けながら、守備で苦しみ15試合の出場にとどまった。年末年始の台湾帰省時には、1984年ロサンゼルス五輪代表で守備の名手と名高い父の呉復連さんに教えを請う考え。「何かヒントをもらい、もっと成長したい」と意気込んだ。

引用元:西日本スポーツ

 

オフシーズンには父と自主トレを行うなど、野球する上では絶対欠かせない存在となっており、親子二人三脚で奮闘していますね!

父・呉復連さんの最高の遺伝子を引き継いでいるからか、すべての指導者が呉念庭選手の「野球勘がすぐれている」と、その野球センスに感嘆の声をあげているみたいです。

 

 

タマ
これだけ実績十分の父がいれば、野球に対して客観的にみてくれるので凄く心強いニャー!

 

今後も、呉念庭選手の父に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

呉念庭の高校・大学時代にも迫る!

大学時代、遠投110メートル・50メートル走のタイムは5秒8と、身体能力の異常なほど高すぎた呉念庭選手。

それだけでなく選球眼も優れ、四球(フォアボール)を選べる選手としても高く評価されていますね!

 

 

タマ
ボール球には手を出さず、打てる球でも仕留めにいくバッティングはさながら最強のハンターだニャー!相手投手からすれば、本当にやり難い打者だと思うニャン!

 

 

得点圏の鬼と言われるほどですから、満塁の場面では回したく打者ですよね。
甘い球なんか投げてしまった時には、呉念庭選手はしっかりアジャストしてバットを振り抜きますから!

 

そんな身体能力が高い呉念庭選手ですが、高校・大学時代はどんな選手だったのか、気になるファンの方もきっと多いと思いますので調査してみましょう!

 

 

タマ
呉念庭選手のルーツに迫ってみるニャー!

 

高校は、台湾から岡山県の岡山共生高校へ留学しましたが、高校3年間で甲子園に出場することはありませんでした。

残念ながら高校時代についてはこのくらいしか情報はなく、レギュラーとして活躍していたかどうかの実績面についての情報もありませんでした。

 

 

タマ
ただ、プロ野球独立リーグ・四国アイランドリーグplusのドラフト会議で愛媛マンダリンパイレーツに指名されたニャー!結果的にそこでプレーすることはなかったものの、高校時代の呉念庭選手は指名されるほど凄い選手だったことが予想できるニャン!

 

高校卒業後は第一工業大学に進学し、身体能力の高さを武器に大学1年から活躍し能力を発揮します。

大学1年生の時に1番・遊撃手でレギュラーになり、大学2年からは3番・二塁手を任され、下級生の頃から中心選手として活躍していました。

 

 

タマ
高校時代ですでに身体能力の高さを見抜いていたからこそ、四国アイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツから指名されていたんだニャー!

 

大学4年の頃には、第94回九州地区大学野球選手権大会の1回戦で2打席連続本塁打を記録するなど、大舞台でも力を発揮し、プロからも注目されるまで成長を果たしました。

そして、この活躍がキッカケとなり、2015年10月12日に行われたプロ野球ドラフト会議で、埼玉西武ライオンズから7巡目で指名されたわけですね!

 

このことから、学生時代から身体能力の高さは健在で、能力も非常に高かったと言えるでしょう。

特に、大学時代の活躍がプロへの扉を開いたと言っても過言ではありませんね。

 

今後も、身体能力の高さを武器にした活躍を大いに期待し、呉念庭選手に注目していきましょう!

最後に

身体能力の高さだけでなく、選球眼と得点圏打率が良いのでチャンスに滅法強い呉念庭選手ですから、監督・首脳陣・ファンからの期待値はまだまだこれから急上昇していくでしょうね!

それだけワクワクさせてくれるプロ野球選手です。

 

 

埼玉西武ライオンズのレギュラー争いはかなり熾烈ですが、持ち前の身体能力の高さとコンパクトな打撃力を活かし、レギュラーを盤石のモノにしてもらいたいですね!

 

 

タマ
呉念庭選手の活躍でチームのリーグ優勝、そして日本一に貢献できるようバッコシ奮闘して欲しいニャー!

 

今後も、呉念庭選手の活躍と動向に注目し、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
『いいね』をお願いします♪
テキストのコピーはできません。