栗山巧の嫁と子供が気になる!イケメンと話題!別格すぎた高校時代!

もちろんファンサービスも言わずもがな素晴らしく、外見(イケメン)や野球の実力だけでなく、まさに〝PERFECT HUMAN(パーフェクトヒューマン)〟と呼ぶに相応しい人格者だと思います。

 

ここまで外見も性格もイケメンすぎる人が存在したんだと感動するほど、栗山巧選手のファンになってしまいましたね!

練習の鬼だった高校時代の栗山巧!

栗山巧選手は小学校時代、神戸市少年団リーグの小寺に所属していたそうで、元プロ野球選手の武内晋一さんも同リーグにいたみたいです。

市大会など優勝経験が何度かあり、実績のある少年野球チームですね。

 

中学時代はヤングリーグの『神戸ドラゴンズ』に所属し、現在もプロ野球界で活躍している坂口智隆選手も一年後輩でいたそうです。

このチームで鍛えられた選手は、実績ある高校に進学しても、レギュラーとしてやっていけるといいますし、実際にこのチーム出身の選手は栗山巧選手含め沢山の選手が高校で飛躍していますね。

 

そんな鍛えられた栗山巧選手が進学した高校は、兵庫県神戸市の『育英高等学校』に進学します。

創立100年以上の伝統ある高校で有名ですね!

 

小さい頃からイチローさんに憧れを持ち、ひたすら野球の練習に明け暮れていた栗山巧選手は、同級生との別格な実力差を示し、高校2年の時には主力選手としてクリーンナップの一角・3番を任されるほどでした。

同級生が休んでいるときこそ、栗山巧選手は〝練習の鬼〟と化していたのでしょうね!

 

別格な選手として実力を評価された栗山巧選手が高校2年の時、春夏連続で甲子園出場を果たしました。

 

春の選抜では一回戦負けだったものの、夏の甲子園ではベスト4進出を果たし、打線の主軸・3番打者として打率.348(5試合で)をマークするなどチームの大躍進に大きく貢献した栗山巧選手。

大舞台でも実力を発揮できるところが凄いし、本当に別格すぎる高校生だったんだなと思いますね。

 

とにかく高校時代も栗山巧選手は〝練習の鬼〟だったそうで、誰よりも努力をしたからこそ、高校通算47本塁打も放ち活躍できたんだと理解できました。

(野球の)才能があったのではないかと言われるかもしれませんが、勿論そうだとしても私が思うに栗山巧選手は、誰よりも〝努力をする才能〟が凄いのだと考えますね!

 

〝努力は必ず報われる〟といいますが、その言葉を信じて私も日々努力していきたいと改めて感じました。

最後に

現在、栗山巧選手は2000試合出場・2000本安打の大偉業へ向け、日々努力をし邁進中です!

野球の技術だけでなく、日頃に体調管理も徹底して気をつけているでしょうから、本当に〝PERFECT HUMAN〟なのではと思っちゃいますね!

 

そんな完璧超人・栗山巧選手はチームの日本一達成には必要不可欠な存在ということは、もはや説明不要でしょう。

 

 

バッティング技術が凄いのは勿論ですが、栗山巧選手の〝存在感〟だけでも圧巻というか素晴らしい選手だと思うし、相手投手からすれば相当嫌な打者だと思いますね。

そして、めちゃくちゃカッコ良すぎでしょ!

 

ということで、今後も栗山巧選手の活躍と記録に注目し、新情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

記事がよければ『いいね』をお願いします♪