牧田和久が結婚した嫁・立木シュウと子供のこと!メジャー時代の実績は?西武ではなく楽天に移籍した理由は?

牧田和久投手は1984年11月10日生まれの36歳(2021/06/20時点)で、静岡県焼津(やいづ)市出身。

静清高校から平成国際大学に進学し、社会人野球の日本通運を経て、2010年ドラフト2位で埼玉西武ライオンズに入団。

 

2018年にはメジャーリーグのサンディエゴ・パドレスに所属し、2020年から東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。

背番号は「22」です。

 

タマ
この記事では、牧田和久投手が結婚した嫁・立木(たちき)シュウさんと子供について。そして、メジャー時代の実績のこと。さらに、埼玉西武ライオンズではなく、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍した理由についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

牧田和久が結婚した嫁・立木シュウと子供の存在が気になる!

埼玉西武ライオンズ時代から、アンダースローのレジェンド投手として活躍している牧田和久投手。

WBC(ワールドベースボールクラシック)も2回選出されており、世界の強打者相手に次々とアウトを積み上げ、世界中から注目された実績もありますね。

 

 

タマ
アンダースローという希少種の投球法に加え、ワインドアップ時でもクイック投法を織り交ぜるなど、打者からすればタイミングが取りづらすぎてお手上げだニャー!さらにテンポも速いから、間合いを巧みに制しながら投げ込む投手だニャン!

 

そんな牧田和久投手ですが、2020年3月に結婚をしていたことが報道されました。

結婚相手は、フラワー空間デザイナーでタレントの立木シュウさんで、とても美しい女性ですね!

仲睦まじい雰囲気がバンバン伝わってきます。

とても幸せそうで何よりです!

 

牧田和久投手は嫁の立木シュウさんとの結婚後、球団を通して「先日、立木シュウさんと入籍しましたことをご報告させていただきます。家族ができ、守るべきものが増えました。より一層、精進してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします」とコメントを残しています。

出会った時期や何がきっかけで付き合ったのかは明かされていませんが、おそらく知人の紹介、もしくは元々知り合いだったなどといった理由ではないでしょうか。

 

結婚した嫁の立木シュウさんは、見た目は結構派手ではありますが、ハーフっぽい顔立ちでとても綺麗なお方です。

デザイナーやタレント業をしているとのことで、多忙を極めているかと思いますが、牧田和久投手をしっかり支えているので、これからも夫婦で支え合って生きていってほしいですね。

 

 

タマ
きっと多忙の中でも、家庭こともキッチリとこなしていると思うニャー!あくまで想像だけど、フラワーデザイナーという肩書きだから間違いないニャン!

 

また、子供についての情報について調べたところ、すでに第一子となる子供が誕生しています。

 

2020年7月11日に女の子を出産したことに対して立木シュウさんは、「大きくなったら娘を連れて試合を観にいきたい」とコメントしていました。

これを実現させる為にも、牧田和久投手が1年でも長く現役を続けられるように頑張ってほしいですね!

 

 

タマ
新たな家族が増え、より一層野球に真剣に打ち込めるニャン!家族の大黒柱として、さらなる飛躍を魅せて欲しいニャー!

 

今後も、牧田和久投手が結婚した嫁の立木シュウさんと子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。
子供にもカッコいいパパをみせて欲しいですね!

牧田和久のメジャーでの実績が知りたい!

2011年から2017年まで埼玉西武ライオンズで活躍したのち、2018年1月6日にメジャーリーグのサンディエゴ・パドレスに入団した牧田和久投手。

念願のメジャーリーグ挑戦を叶えたわけなので、本当に凄いことですね!

 

 

挑戦される時、アンダースロー・牧田和久投手の投球術が、野球の最高峰・メジャーリーグでどこまで通用するかワクワクしたのを覚えています。

 

記事がよければ『いいね』をお願いします♪