平良海馬の彼女&結婚情報!中学・高校時代!こだわりの愛用グローブも調査!

 

タマ
恩師・伊志嶺監督からは〝自分が目立つためにプレーしていては勝てない〟と教えられていて、この言葉は現在(いま)でも平良海馬投手の心の中に強く残っているニャン!

 

中学・高校時代の平良海馬投手は、とてつもない努力とポテンシャルの高さと恵まれた体格で、最速156㎞の直球を投げ込む素晴らしい投手だったことがわかりました。
現在(いま)では、石垣市の〝期待の星〟として地元全体で応援していることでしょうね!

平良海馬のこだわりの愛用グローブが気になる!

野球人にとってグローブの存在はまさに〝相棒そのもの〟で、言わずもがなグローブがなければ野球ができませんね。

 

タマ
グローブや道具を大事にしない輩は、野球がどんなに上手くても残念すぎるニャン。練習も大事だけど、道具の手入れや大事に取り扱うことの方がとても大切ニャー!

 

もちろん、平良海馬投手はグローブや道具はとても大事に取り扱っているでしょうけど、愛用グローブにこだわりがあるそうなので調査していきましょう!

 

タマ
こだわりがあるって素敵すぎるニャン!

 

平良海馬投手が愛用しているメーカーは『エスエスケー(SSK)』のグローブで、大きさはスタンダードでもちろん投手用ですね。
では、愛用グローブのこだわりについてですが、2つのこだわりがあるとのこと。
【4/1は全品ポイント2倍!!】 【湯もみ型付け込み/代引、後払い不可 】 送料無料 SSK エスエスケイ プロブレイン 野球 硬式投手用 硬式グローブ グラブ 一般 PHX80 硬式 ピッチャー 野球部 高校野球 大人 野球用品 スワロースポーツ ※最短7〜9日後出荷
1つ目のこだわりが〝〟です。
黒に見える愛用グローブですが、平良海馬投手曰く「光に当たるとネイビーに見えるので黒じゃないんです」と答えており、紫色が好きな平良海馬投手は、ワインレッドのような明るい紫のステッチが入れ、シックな雰囲気のグローブに仕立ててもらったみたいですね!
2つ目のこだわりが〝グローブの型〟です。
店内などに並べられているグローブの大半は、型の土台が仕上がっているそうで、そこから自分が使いやすいように最終的に肩を完成させるのですが、平良海馬投手は愛用グローブの型は、使用することで自然に作っていき無理には作らないみたいですね。

 

タマ
とにかくグローブを凄く大事にしていることは理解できたニャー!

 

ということで、平良海馬投手が愛用しているグローブメーカー、そして〝色〟と〝グローブの型〟にこだわっていることがわかりました。

最後に

埼玉西武ライオンズの渡辺久信GM(ゼネラルマネージャー)曰く「平良(海馬)投手はダイヤの原石」と言われるほどの期待値が高い平良海馬投手。

本人はプレッシャーに多少感じる部分はあるでしょうが、石垣市の期待も背負っている平良海馬投手ですから、全て前向きなパワーに変換しているかもしれませんね。

 

 

タマ
平良海馬投手はプレッシャーを感じる器ではないニャン。将来は日本代表の守護神ニャー!

 

これからの平良海馬投手の成長と活躍に期待し、近い将来は160㎞台の直球をバンバン投げ込んでいってほしいですね!

今後も、平良海馬投手の情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

記事がよければ『いいね』をお願いします♪