内海哲也の現在が気になる!愛する嫁と子供!自宅と巨人軍だった祖父のこと!

 

タマ
嫁は内海聡子(旧姓・横井)さんといって、当時は歯科助手をしていたみたいニャン。

 

嫁との出会いは知人の紹介だそうで、内海哲也投手が嫁の聡子さんに一目惚れをし、猛アピールの末交際に発展したそうです。

 

タマ
嫁の聡子さん美人すぎるニャン!内海哲也投手が一目惚れしたのも納得ニャー!

 

嫁の聡子さんは美しいだけでなく、しっかりした性格でもあるため、内海哲也投手は素晴らしい女性と結婚できて良かったですね。
嫁がしっかりしていると野球により集中できますから、現在(いま)までの実績の半分以上は、嫁の支えが大きかったことも関係しているかもしれません。

 

そんな嫁の聡子さんとの子供は4人いて、息子が3人・娘が1人の4人の子供に恵まれています。
嫁とは〝できちゃった婚〟みたいですが、子供がキッカケでの結婚は凄く素敵なことだと思いますね。
子供たちの名前は上から旺太、爽太、瑛太、琴菜といい、娘・琴菜ちゃんが誕生した時は、待望の女の子に喜びを爆発させた内海哲也投手。
もちろん息子たちも可愛いでしょうけど、唯一の娘にはより一層〝親バカ〟になったことでしょうね!
嫁と子供を大事に想っている内海哲也投手は、試合で使用するグローブに〝家族〟と刺繍を入れており、あえて名前を入れずに〝家族〟と入れたのは〝家族を守っていく〟〝家族からも支えてもらいたい〟と言う意味からで、内海哲也投手にとって一番大事な存在だということは痛いほど伝わってきました。
きっと嫁や子供たちも、内海哲也投手のことを凄く大事に想っていることでしょうね。

 

内海哲也投手の最愛の嫁と子供については、今後も注目していき、今後も嫁と子供に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。
息子たちが、父親と同じ野球選手への道を歩むのか楽しみですね!

内海哲也の豪邸かもしれない自宅が気になる!

子供4人の父親である内海哲也投手に、ついたあだ名は〝ビッグダディ〟だそうで、嫁と子供4人のため現在(いま)も絶賛奮闘中です!

大変だとは思いますが、身体が動く限り少しでも長く第一線で踏ん張ってほしいですね。

 

そんなビッグダディ・内海哲也投手の自宅が気になるファンが多いみたいですが、もちろん個人情報ですので明確な自宅住所は不明です。

ですが、長年所属していた巨人の球場近くに自宅があるかもしれないとも情報が出ていました。

 

タマ
読売ジャイアンツ球場の住所は、神奈川県川崎市多摩区菅仙谷4丁目1-1ニャン。最寄駅は〝京王よみうりランド〟ニャー!

 

巨人時代に自宅を構えたでしょうから、おそらく読売ジャイアンツ球場付近だと思いますが、現在は埼玉西武ライオンズに所属しているので、家族を自宅に残して単身赴任しているかもしれません。
子供たちも学校などがありますから、内海哲也投手が移籍したからといって引っ越しはしていないでしょうね。

 

ちなみに、内海哲也投手の自宅には大型冷蔵庫が3台もあり、全てフル稼働で使用されているそうですよ!

 

タマ
育ち盛りの子供たちが4人もいるから食費が大変そうだニャー!

 

内海哲也投手の今まで手にした年俸などを考えると、自宅は豪邸なのではないかと予想してしまいますが、家族も多いし、何よりも〝一流のプロ野球選手になれば豪邸の自宅に住める〟といった夢をみせてほしいので、内海哲也投手の自宅は勝手に豪邸の自宅だと思うことにしました。
大型冷蔵庫3台も置ける自宅ですから、間違いなく立派な自宅でしょうね!

 

ということで、内海哲也投手の自宅に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

内海哲也の祖父は元・巨人軍の選手だった!

内海哲也投手の祖父は元・巨人軍の選手だったそうで、1938・39年の2年間在籍していました。

 

タマ
内海哲也投手の祖父の名前は、内海五十雄(うつみいそお)さんというニャン。

 

内海哲也投手の祖父は、通算20試合の出場で終わってしまいましたが、当時は戦前で大変な時代ということもあり、現在(いま)とは全く違うプロ野球の世界だったのかもしれませんね。
それでも、自分の祖父が元プロ野球選手だった事実は、孫の内海哲也投手にとっては凄く嬉しかったと思います。

 

それがわかる行動が、祖父が元・巨人軍だったということで、内海哲也投手は巨人入りを熱望し、高校卒業時にオリックスバファローズからドラフト1位指名を受けるも断り、社会人野球チームの『東京ガス』で力をつけ、念願叶って読売ジャイアンツ(巨人)へ入団した経緯があります。
〝プロ野球に挑戦するなら祖父と同じ巨人で頑張りたい〟という内海哲也投手の強い想いが伝わりましたね!

 

タマ
背番号も祖父と同じ『26』だったニャー!

 

入団当初、祖父と同じ背番号『26』を背負った内海哲也投手は「巨人の背番号『26』は、ぼくのおじいちゃんから始まったんですよ。そして孫のぼくが『26』を永久欠番にする。内海ではじまり内海で終わらせたいんです」と決意していました。
祖父が背負っていた『26』を受け継いだ時は、嬉しい気持ちと同じくらい身の引き締まる想いが交差していたに違いないでしょうね。

 

タマ
内海哲也投手の祖父の立場から考えれば、こんな祖父想いの素晴らしい孫を持てて本当に嬉しいはずニャン!それだけ祖父も素敵な人柄だったということニャンね!

 

 

現在はライオンズで頑張っている内海哲也投手ですが、背番号『26』背負って活躍していた内海哲也投手はまさに〝巨人のエース〟でしたね!

 

ということで、祖父の内海五十雄さんから孫の内海哲也投手へ背番号『26』を継承していたことがわかりました。
〝是が非でも巨人に入団したい〟といった内海哲也投手の行動力と実行力(努力)にも驚きましたね!

最後に

プロ野球での実績と実力だけでなく、ファンサービスも積極的におこなう姿は、一人の人間として見習うべき素晴らしい人柄だと思います。

だから、巨人から埼玉西武ライオンズへ人的補償で移籍する際も、多くのファンからの様々な声が飛び交ったのでしょうね。

 

沢山の人に元気と勇気を与えてきた内海哲也投手だからこそ、まだまだ第一線で活躍してほしいと沢山のファンが強く願っているでしょうし、何よりも家族のためにも踏ん張ってもらいたい!

 

 

今後も、ライオンズのエースを目指して奮闘する内海哲也投手の活躍と動向に注目していき、情報が入り次第追記していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

記事がよければ『いいね』をお願いします♪