五十嵐亮太の引退と現在が気になる!絵の才能がピカイチ!?キムタクとの関係と結婚した嫁と子供も徹底調査!

五十嵐亮太さんは1979年5月28日生まれの42歳(2021/10/27時点)で、北海道留萌市(るもいし)出身。

 

1997年にドラフト2位で東京ヤクルトスワローズに入団し、メジャーリーグの経験を経て2013年から福岡ソフトバンクホークスに移籍。

2019年から古巣・東京ヤクルトスワローズに戻り、2020年のシーズンを最後に現役を引退。

 

タマ

この記事では、五十嵐亮太さんの引退と現在について。そして、画伯と呼ばれるほど絵の才能が凄いこと。さらに、キムタクとの関係や結婚した嫁と子供についても書いていきますので最後まで読んで欲しいニャー!

五十嵐亮太の引退試合に感動!

幾多の球団を渡り歩き、数々の名シーンを魅せ場を作ってきた五十嵐亮太さん。

プロ23年間で日米通算860試合(NPBで777試合)に登板してきたスーパーレジェンドは、2020年のシーズンを最後にユニフォームを脱ぐ決断をしましたね。

 

タマ
凄く寂しい気持ちにはなりましたが、スタミナと根性が圧倒的すぎたことは絶対忘れることはないニャー!

 

そして、五十嵐亮太さんの引退試合が行われ、多くのファンや仲間が見守る中での最後のマウンド、涙が自然と溢れて感動に打ち震えたのを覚えています。

 

 

同じチームメートで同世代の石川雅規投手も、特別な想いで見守っていたでしょう。

お互い良きライバルであり、かけがえのない友人でしょうからね。

 

タマ
石川雅規投手の表情が凄く印象的で、そこにも感動してしまったニャン!やはり、寂しさが一番大きかったと思うニャー!

 

兎にも角にも、このの引退試合で改めて多くのファンから愛されているんだなと思いました。
五十嵐亮太さんの努力と挑戦、そして戦い続けた結果ですね!

 

五十嵐亮太さん、23年間のプロ野球生活本当にお疲れ様でした!

今後は、五十嵐亮太さんの野球への情熱と魂は、後輩へと脈々と受け継がれて行くでしょうね。

五十嵐亮太の現在が気になる!

さて、現役引退した五十嵐亮太さんの現在ですが、スキーやバイク免許の取得など、現役時代ではできなかったことに挑戦しているといった感じだそうです。

現役時代はマウンドに立ち続け、史上4人目となる日米通算900試合登板も達成した五十嵐亮太さんですから、遊ぶ暇なんて全くなかったでしょうからね。

 

 

 

タマ
年齢を感じさせない活躍で凄すぎたニャー!現在(いま)はできなかったことを好きなだけして欲しいニャー!

 

また、現在は野球解説者としても活躍しており、言葉選びに相当苦戦しているみたいです。

野球解説者に求められるのは、わかりやすい状況説明と豊富な経験を活かした話術ですからね!

 

 

タマ
話し方と間の取り方が難しいと思うニャー!新たなジャンルへの挑戦だニャン!

 

野球界は「実は極端に狭い世界」 引退して実感…五十嵐亮太氏が他分野から得る刺激
2020年10月25日に現役を引退すると、1か月も経たないうちに野球解説者としてデビューを果たした。以来、テレビ・ラジオ各局に幅広く出演。選手の気持ちや考えを深く洞察する解説が好評だが、解説者・五十嵐の目に映る野球は現役時代のものとは「大分違いますね」という。

 

現在は野球解説者として活躍しながら、現役時代にできなかったことをやりつつ、いずれはまた野球界に監督やコーチとして戻ってくることを期待したいですね!

五十嵐亮太の画伯と呼ばれる絵に注目したい!

五十嵐亮太といえば、現役時代に最速158km/hを記録するなど、豪快な印象が強くありますが、画伯と呼ばれるほど絵のレベルが異常に高いとも有名なんです。

マエケン前田健太選手)のような画伯ではなく、絵がガチで上手い方の画伯ですね!

 

 

タマ
マエケン投手の画伯と呼ばれる独特な絵のタッチも凄く大好きだニャー!ただ、五十嵐亮太さんの絵のレベルは笑えるとか笑えないとかでなく、ガチすぎる画伯なんだニャン!

 

五十嵐亮太という男 豪腕が描いた繊細なタッチの「ゴッホ」の模写
今でも目を疑ったことを覚えている。2014年のリーグ優勝企画で五十嵐が当時、熱中していた名画の模写を見せてもらった。それは驚くほど丁寧かつ、正確に写された「ゴッホ」だった。
引用元:スポニチ

 

剛腕投手のイメージとは程遠い繊細な「ゴッホ」の模写を、五十嵐亮太さん丁寧に描いた絵が非常に話題となりました。
世界的な画家たちが描いた展示会に、五十嵐亮太さんが描いた絵が並んでいたとしても、この絵ならなんら違和感がないと思えるほどのレベルですね!
五十嵐亮太さんが異能の人と呼ばれてもおかしくありません。

 

五十嵐亮太さんは繊細な絵を描くことで、精神状態の切り替えスイッチを行なっていたのだそうです。
五十嵐亮太さんは「自分から仕事を乖離(かいり)させるため(つまり仕事から離れること)」という理由で繊細な絵を描き、ベストな心身状態を保っていたのでしょうね!
素晴らしい才能だし、自分との向き合い方をよく知っていること自体に、五十嵐亮太さんの凄みを感じました。

 

ということで、今後も五十嵐亮太さんの画伯レベルの絵に関する情報が入り次第追記していきたいと思います。

五十嵐亮太とキムタク(木村拓哉)の関係が気になる!

五十嵐亮太さんとキムタクこと木村拓哉さんが、ネット上で話題になっていました。

気になったので関係性を調査してみることに。

 

すると、五十嵐亮太さんが『球界のキムタク』と言われていたことがあったそうで、若い時の髪型も確認してみたらキムタク風になっていないこともない。

というか、おそらくキムタクを意識してたのかもしれませんね。

 

 

タマ
キムタクに似ているということは、即ち五十嵐亮太さんがイケメンということが言えるニャー!

野球選手ですからガタイも大きいですし、人によってはキムタクに似てるといった意見もあると思います。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪