​杉内俊哉の現在はコーチ?嫁とフライデーの真相!姉についても調査!

杉内俊哉さんは1980年10月30日生まれの40歳(2020/12/04時点)で、福岡県大野城市出身。

2001年にドラフト3位で福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団し、2012年にFAで巨人に移籍した後、2018年9月に現役引退を発表しました。

 

この記事では、杉内俊哉さんの現在はコーチをしているのか?そして、杉内俊哉さんの嫁や子供、フライデーの真相について。さらに、杉内俊哉さんの姉のことも書いていきますので、最後までお付き合いください。

現在、杉内俊哉さんはコーチに就任しているのか?

杉内俊哉さんは、2018年の9月に現役引退を発表し、通算成績は142勝・防御率2.95・奪三振数2156(歴代14位)という素晴らしい成績を残している〝レジェンド〟なのです。

 

 

5月に強く『ミスター・メイ』の異名をとり、4年連続無敗の14連勝を記録したこともあります。

 

 

そんな好成績を残して引退した杉内俊哉さんは現在、コーチとして野球に携わっているのか気になるところですよね。

現在、杉内俊哉さんは指導者として、巨人の2軍・3軍コーチで若手の育成に力を入れています。

 

 

杉内俊哉さんは「けがした人の気持ちも分かる。両方経験していますから。上とどん底と」とコメントしています。

良い時期も苦しんだ時期も両方経験している杉内俊哉さんですので、若い投手やこれから1軍に這い上がろうとしている投手にとっては、これほど学べる素晴らしいコーチはいないでしょう。

 

 

もちろん、実践的なアドバイスもしていて、実績のある杉内俊哉さんなので、若手の投手も充実した練習に取り組めますね。

杉内俊哉さんは、コーチングについて「練習でモチベーションを高く持ってほしいから。時には怒ることもあるけど、基本的にはモチベーションが上がりやすいような言葉をかけたりして、やっていければいいなと思いますけどね。ちゃんと向き合っていける指導者になりたいなと思っています。選手にとって。突き放すのではなくてね」と選手に寄り添った指導を信条としているそうです。

 

やはりコーチと選手は、上下関係ではありますが〝人対人〟ですからね。

そこに信頼関係が無ければ、お互い成長に繋がりにくいと思うので、選手に技術的な部分を指導するだけでなく、杉内俊哉さんの様にちゃんと選手と向き合って指導していくことが大切だと考えます。

 

コーチという仕事はめちゃくちゃ大変だと思いますが、杉内俊哉さんがいつか名コーチと呼ばれる日も遠くはないでしょうね。

 

 

杉内俊哉さんの下で育成された投手が、1人でも多く活躍できるといいですね。

 

ということで、杉内俊哉さんは現在、巨人の投手コーチとして活躍していることがわかりました。

今後は、コーチとしての杉内俊哉さんに注目していきましょう!

結婚16年目!杉内俊哉さんの嫁は上葉えりかさん!

杉内俊哉さんは、2003年に元リポーターの上葉えりかさんと結婚しています。

現在も夫婦関係は続いていますので、結婚16年目になりますね!

 

嫁の上葉えりかさんとは、九州の放送番組『とべとべホークス』で知り合ったそうです。

 

 

『とべとべホークス』でリポーターをしていた上葉えりかさんですが、つい魅入ってしまうくらい可愛くて、選手とのトークも盛り上げようと頑張っていた印象が強いですね。

 

『とべとべホークス』は、2010年に番組終了となってしまいましたが、楽しい番組でした。

二人の馴れ初めは、杉内俊哉さんが嫁の上葉えりかさんに一目惚れをし、交際に至ったと言われていますが、惚れても仕方ないですよね。

現在も美しいでしょうけど、当時のリポーター時代の上葉えりかさんはアイドル級に可愛いらしかったですもん!

 

結婚後、プロ入り2年目だった杉内俊哉さんの成績は右肩上がりで良くなり、ダイエーホークス(現・ソフトバンクホークス)の〝左のエース〟としてチームの勝利に貢献してきました。

記事がよければ『いいね』をお願いします♪